司教執務室だより

若者による若者のための宣教

更新日:

ユーキャット。猫(キャット)のことではありません。YOUCATと書きます。

youcat結論から言うと、一九九二年に発表されたカトリック教会のカテキズムの若者版ユースカテキズムのことです。そのユーキャットの翻訳が、昨年ついに若者たちの手によって完成しました。「若者による若者のための若者の宣教第一弾」とも言うべき日本教会の画期的な出来事です。

鹿児島教区でも、少し出遅れましたが、今年からカトリック学校の若者たちを中心に月一回の勉強会が始まりました。夕方六時半から八時頃までの短い時間ですが、今月五日(土)で三回目となります。

参加者は中学生から大学生までの十人ほどで、七月からは増える見込みです。ほとんどは信者ではありませんが、学校の枠を超えた夏休みのキャンプでの出会いが元になっているようです。

この勉強会のもう一つの特徴は、各学校の信者の先生の熱心な勧めがあるということではないかと思います。まだ二回の体験しかないのですが、キャンプやかねての活動を通して信頼関係が出来上がっているようです。先生たちが一緒に参加しても違和感がないどころか、むしろ和気あいあいとして家族的。

教える―教えられるという緊張感を感じさせないところが学園宣教成功の秘訣ではないかと思いました。また、理屈をこねそうな年頃の男の子たちもいるのですが、質問や疑問が寄せられることが少ないことに、正直、少しホッとしました。それは、「この人たちには真理を聞く用意がすでにできているらしい」という気づきでもありました。

それは、各学園でのかねての活動の成果にほかならないわけで、司教叙階以来思い続けてきた学園宣教の実りを見るようで、まだ二回だけですが、心楽しいひと時でした。

「今の若者は、人々が考えるほど軽薄ではありません」というベネディクト十六世の言葉にも頷きました。若者たちとの真理への旅は始まったばかり。お祈りください。

お勧めの記事

2017年ザビエル祭における郡山司教 1

郡山司教は説教の中で、「困難の中にあっても簡単にあきらめることのなかったザビエルさまは、いつもイエスさまの声を聞き続けたはず。私たちも、少しづつでも神さまの招きにこたえる努力をしなければならない。ザビエルさまが期待した道を歩むのが私たちの務めです。」と説かれました。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 2

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 3

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.