司教執務室だより

アジアンユースデー

投稿日:

8月と言えば、15日の聖母被昇天にザビエル祭。今年はもう一つある。AYD。つまり、アジアンユースデー。中央協議会のホームページには次のようになっている。

ayd「AYDはアジア28カ国のカトリック教会青年代表者が集い、ホスト国の文化・社会と教会の福音的な取り組みに触れながら、典礼、体験学習、ホームステイ、文化交流、自国紹介など、8日間共に祈り、共に学び合いながら、信仰を生きるアジアの仲間と出会い、アジアの青年の連帯と信仰を深めるアジアの青年大会です。」

テーマ「アジアの若者よ。目覚めよ!殉教者の栄光があたなに輝く」を次の3点から深めていくことになっている。

  • 信仰の原点を思い出すこと。
  • 信仰を再発見すること。
  • 現代社会の証し人として、イエスと共に歩むこと。
    (いずれも募集チラシより)

今年の開催地は韓国・テジョン。日本からの参加者は100人。当初は参加者確保が危ぶまれたが、教皇が来られると分かったらあっという間に埋まった。日本の若者たちにとっても教皇がもっとも会いたい人の一人らしいと分かって心が和んだ。

そんな若者たちが、昨年のワールドユースデーのときと同じように、信仰を再発見する巡礼となることを祈りたい。政治的問題があるとしても、それだからこそ、同じ「信仰を生きるアジアの仲間」として「ともに祈り」、「連帯と信仰を深める」機会にして欲しいと思う。お互い英語でのやり取りになると思われるが、「現代社会の証し人として、イエスと共に歩むこと」ができる出会いの場となることを心から祈りたい。

ちなみに、鹿児島からの参加者は私を含めて若者2人に司祭1人の4人。沢山のお祈りをお願いしたい。

お勧めの記事

郡山司教 1

お隣・ご近所宣教へのチャレンジを 鹿児島教区長 司教 郡山健次郎 教区の皆さん、新年あけましておめでとうございます。新しい年をどのように迎えたのでしょうか。こうして教区報で新年の挨拶をするのも12回目 ...

郡山司教 2

『生活そのもので神さまを喜ばせる』その心意気が大切-----郡山司教は、この日朗読されたヨハネ福音書(ヨハネ10・11-16)をもとに説教されました。

2017年ザビエル祭における郡山司教 3

郡山司教は説教の中で、「困難の中にあっても簡単にあきらめることのなかったザビエルさまは、いつもイエスさまの声を聞き続けたはず。私たちも、少しづつでも神さまの招きにこたえる努力をしなければならない。ザビエルさまが期待した道を歩むのが私たちの務めです。」と説かれました。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 4

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 5

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.