鹿児島の教会

歴代教区長

更新日:

郡山健次郎司教

2006年1月29日叙階

ローマ教皇庁は、ローマ時間12月3日正午、日本時間12月3日午後8時、鹿児島司教区の新司教にパウロ・郡山健次郎神父(63歳)を任命したと発表した。

ここをクリックして郡山司教のページを再生

パウロ糸永真一司教

在任期間1970~2006.1

確か40歳の若さでの司教就任だった。36年もの永きに亘って鹿児島教区の霊父として勤めた。それだけに、この世的な言い方をすれば、残した功績は多い。何よりも、公会議後の教会の新しいあり方と見える形を整えたことは、日本16教区中、最速を誇る。

  • 司祭の給料制による平等化。この制度は、幼稚園や高校大学からの給料も全てプールすることではじめて実現する。未だに、司祭の貧富の差を克服できない教区があることに驚く。鹿児島教区の司祭団の一人として最も誇らしく思うことの一つだ。
  • 班制度の導入
  • 司牧評議会の設置
  • 二年に一度の教区評議会
  • 経済の自立
  • 信徒倍増論。日本中の度肝を抜いたほどにインパクトがあった。
  • ザビエル渡来450周年記念祭。大成功を収め、そのものずばり、「ザビエル450」と屋号を変えたホテルまで現れた。
  • その他数え上げたらキリがない。

ここをクリックして糸永司教のブログページを再生

 

里脇浅次郎司教

1955年~1968年

1955年2月25日鹿児島知牧区は司教区に昇格、初代司教には里脇浅次郎師が任命され、1955年5月3日司教に叙階された。
1968年12月19日里脇司教は長崎大司教に任命されて転出

お勧めの記事

2017年ザビエル祭における郡山司教 1

郡山司教は説教の中で、「困難の中にあっても簡単にあきらめることのなかったザビエルさまは、いつもイエスさまの声を聞き続けたはず。私たちも、少しづつでも神さまの招きにこたえる努力をしなければならない。ザビエルさまが期待した道を歩むのが私たちの務めです。」と説かれました。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 2

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 3

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-鹿児島の教会

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.