社会司教委員会シンポジウムin鹿児島-4

「平和」の視点から

「時のしるし」を見極める

松浦悟郎名古屋司教(難民移住移動者委員会委員長)

戦後70周年、『現代世界憲章』発布50年の年であることし、社会司教委員会は、「現代世界憲章から何を学ぶか~発布50周年にあたって~」の共通テーマをもとに、各教会管区でシンポジウムを開催しています。

この動画は、鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われた第2回シンポジウムの一部です。

配布資料