ザビエルさま

「インド巡礼7日間」を終えて

更新日:

レデンプトール会司祭・頭島 光神父

教区主催 ザビエル生誕/500年記念に行く
巡礼の期間は2006年11月29日から12月5日でした。もちろん、12月3日のザビエル様の記念の日にあわせての南インドへの旅。聞くところによりますと、ザビエル様のご遺体はそのゴアのボンジェズ教会に安置されているということです。私たちはそのご遺体を拝みにいったのです。今年がザビエル様生誕500年ということで、大きなお祭りになることを期待しながらの旅でした。
ザビエルさまの遺体が安置されているボン・ジェズ教会

ザビエルさまの遺体が安置されているボン・ジェズ教会

この聖堂はBom Jesusと呼ばれ、その意味は、「善きイエス」あるいは『幼子イエス』です。完成されたのは、1594年。ザビエル様が亡くなったのは1552年ですから、それから42年後ということになります。いずれにしても、このゴアは、ザビエル様がポルトガルのリスボンを出航して、アフリカの喜望峰を回り、翌年の1542年5月6日、約一年の船旅を終え、上陸したインドの最初の町なのです。その当時すでにキリスト教の共同体は存在していて、多くの人々の協力を得て、アジアのキリスト教布教に貢献したのです。ザビエル様が初めての日本人・ヤジロウに出会ったのは、マラッカ。その出会いから一年半の歳月の後、1549年8月15日、ゴアを出てから4か月目のこの日、ヤジロウの故郷、鹿児島の港に入ったのでした。

私たちの巡礼の旅は、ザビエル様が鹿児島にいらしたのとは、逆のコース。
南インド最初の訪問地はかつてのマドラス(現、チェンナイ)。

ここにはイエスの弟子の一人、使徒トマスのお墓があるとされている教会、サントメ教会があります。この町で、私たちはインド最大の宗教・ヒンズー教(83%)の寺院、カパーレ・シュワラを訪れました。8世紀に建てられた寺院で、シヴァ神がまつられています。高さ37メートルもある山門にはたくさんの聖人像やら、神々が飾られているのが見えます。

チェンナイからさらに飛行機で第二の訪問地、コーチンに到着。11月30日でした。この教会には、喜望峰を回り、膨大な富を本国にもたらしたヴァスコ・ダ・ガマの墓跡があります。この教会はインドでもっとも古く建てられた教会としても知られています。ガマは、1524年、この町で死に葬られました。

私たちがインドのゴアに入ったのは、その翌日の12月1日でした。そしてその翌日の朝、私たちはボンジェズ教会に向かって、朝7時ホテルを後にしました。多くの車やバイクに乗った人々が行き交うガタガタの狭い道路を走ること約1時間、ようやく着いたボンジェズ教会、その隣にはカテドラルが立っています。

午前9時半、そのボアンジェズ教会でミサを予定していた時間。前日、航空会社の予約過剰でコーチンから別行動になった7人は果たしてこの時間に間に合うだろうか。時計は9時15分、ただじっと待っていても仕方ない。皆で祈るということになり、ロザリオの祈りが始まる。と、ちょうどその祈りが終わろうとしたとき、聖堂の入り口付近から、日本人らしき人の姿、一人また一人と現れ、感激の涙、涙、であった。九時半、まさに奇跡が起きた。ザビエル様は私たちを再び引き合わせてくださいました。しかもその場所で。ミサの時間に。

感謝、感謝のミサとなったのです。

鹿児島カトリック教区報2007年2月号から転載

お勧めの記事

2017年ザビエル祭における郡山司教 1

郡山司教は説教の中で、「困難の中にあっても簡単にあきらめることのなかったザビエルさまは、いつもイエスさまの声を聞き続けたはず。私たちも、少しづつでも神さまの招きにこたえる努力をしなければならない。ザビエルさまが期待した道を歩むのが私たちの務めです。」と説かれました。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 2

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 3

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-ザビエルさま
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.