中野司教のことば

司教の手紙⑥---教区シノドスのテーマは教会の三つの柱

更新日:

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる

皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。

神父様方のためにギリシャ語で言うとエクレジア、コイノニア、アポストロスになります。日本語はどうしても、ギリシャ語の持つ意味の一部しか表現しないので、信者さんに対して神父様方に捕捉説明をお願いするつもりで記しました。それで、この三つの言葉を私なりに説明します。

エクレジア=呼び集められた人の集会

①エクレジアとは、日本語では「教会」と訳されている言葉ですが、元の意味は、呼び集められた人の集会という意味です。誰によって呼び集められたのかというと、神の呼びかけによって、それに応答した人たちの集まり、ということになります。この応答のことを「信仰」ということができます。信仰と聞くと、何か難しいことのように感じますが、ただ、神様の呼びかけに素直に応答するだけなのです。

日曜日にはミサに集まりなさい、という神の呼びかけを何人の人が意識しているでしょうか。「それは十分わかっています。でもこの世の生活のためには優先すべきことがあるのです」と神様に弁明していると次第に、神の呼びかけが聞こえなくなっていきます。

しかし別の観点からも見ることができます。実は、仕事や家庭の事情で、どうしても主日にミサに参加できない、しかし、聖書を読んだり、祈りをしたりして、心の渇きを満たしている。そんな人がいるかもしれません。それも信仰の行為だと言えます。なぜなら聖書は元来、神の呼びかけに応えていくイスラエル民族の歴史を描いているものだからです。

換言すれば、神との対話の中で、困難な人生を切り開いて行く、そんな人々の生きざまが描かれているからです。

コイノニア=交わりと一致

②コイノニア。この言葉は、交わりと一致という二つの動きを内包している一つの言葉です。日本語訳の一つには、共同体というのもあります。この言葉はわかったようで、実はわからないものです。なぜなら、交わりと一致という人間の行為がなければ、共同体は成り立たないといえるからです。

このギリシャ語が、ラテン語になると一般用語では自治体、典礼用語になるとコムニオ、つまり聖体拝領という意味になります。つまり聖体拝領によってキリストと交わり(一致し)、同じキリストを拝領するので、他の信者さんと交わる(一致する)ことになるというわけです。

第二バチカン公会議以前は、キリストとだけ交わることが意識され、自分以外の信者さんとの交わりは、強調されていませんでした。しかし現在では、キリストと交わることは、他者と交わることの原点であることが強調されます。イエスが説くブドウの木とその幹の関係(ヨハネ15章)を吟味すればよく分かることです。

アポストロス=派遣される

③アポストロス。この言葉は、派遣という意味ですが、ポイントは、派遣主がいる、ということです。自分が自分を派遣するとは言いません。

聖書の中でのこの言葉の厳密な意味は、復活イエスの、12弟子の派遣です。イエスには72人の弟子を派遣する話もありますが、聖書ではアポストロスを使うとき、12人の弟子のことを指し、彼らだけにこの言葉を当てています。カトリック教会には、信徒使徒職という言葉があります。これは、信徒の身分でありながら使徒職を果たす、という意味です。

つまり「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16・15)という、12使徒に与えられたこの使命に信徒が参与し、12使徒(12使徒の後継者は司教団)とともに働くことを信徒の使徒職、と言います。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる 皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。 神父様 ...

中野裕明司教の紋章 2

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

中野裕明司教の紋章 3

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

中野裕明司教の紋章 4

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

中野裕明司教の紋章 5

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

中野裕明司教の紋章 6

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 7

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

-中野司教のことば
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.