レヒナ神父の追悼ミサ

投稿日:

いつ:
2015年5月10日 @ 11:00 AM – 12:30 PM
2015-05-10T11:00:00+09:00
2015-05-10T12:30:00+09:00
どこで:
鹿児島カテドラル・ザビエル教会
日本
〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町13−42

司祭評議会は4月13日の会議で、4月7日に帰天したレヒナ神父のために教区主催の追悼ミサを5月10日(日)午前11時からカテドラルで行うことを決めた。

レデンプトール会鹿児島準管区に所属していたヨハン・レヒナ神父は4月7日(火)午後4時過ぎ、入院先のドイツの病院で帰天した。80歳だった。長年鹿児島で働いた神父は、ここ数年体調が思わしくなく、今年2月下旬、故郷ドイツに帰国していた。

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

Calendar いつ: 2015年5月10日 @ 11:00 AM – 12:30 PM 2015-05-10T11:00:00+09:00 2015-05-10T12:30:00+09:00 どこ ...

司教の手紙 2

Calendar いつ: 2015年5月10日 @ 11:00 AM – 12:30 PM 2015-05-10T11:00:00+09:00 2015-05-10T12:30:00+09:00 どこ ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

Calendar いつ: 2015年5月10日 @ 11:00 AM – 12:30 PM 2015-05-10T11:00:00+09:00 2015-05-10T12:30:00+09:00 どこ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.