講演会

更新日:

いつ:
2019年9月14日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2019-09-14T14:00:00+09:00
2019-09-14T16:00:00+09:00
どこで:
希望の星学園
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1490−1

~9月14日は戦後の奄美教会の夜明け~
オーバン神父の「宣教日誌」から振り返る

演 題:「宣教日誌」について

日 時:9月14日(土)14:00~16:00

場 所:希望の星学園(鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1490−1)

講 師:松田清四朗神父(コンベンツアル会・「宣教日誌」訳者)

1947年9月14日、13年間、司祭の不在だった奄美大島に上陸したカプチンフランシスコ会のレイモンド・オーバン神父は聖座とグアムの司教への報告書を書き綴った。
そこには当時の奄美大島の様子が書き記されていた。その内容について、訳者・松田清四朗神父が解説する。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は15日から始まる聖書週間に寄せて、教皇ベネディクト十六世の使徒的勧告「主のことば」(カトリック中央協議会2012年出版)から示唆を得た3つの要点についてお話しします。

中野裕明司教の紋章 2

今回は私たちの信仰について、現状を考察し、未来に向けた方向性を分かち合いたいと思います。基礎になるのはもちろんイエスの言葉です。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである」(マタイ5・17)

中野裕明司教の紋章 3

教皇が取り上げているこの「地球環境保護」というテーマは、単に、物理的な地球の生態系の変化のことを指しているのではなく、それは人間性の破壊に及ぶものであり、したがって、私たちの行動原理にまで、反省を促すものであります。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.