教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

投稿日:2014年4月9日 更新日:

NEW ENTRY

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

《2024年 年間目標》洗礼の恵みに気づき、それを生きよう(3)

2024/03/01   -司教の手紙

約3年間の地上での宣教活動で発信されたイエスのメッセージの主旨はただ一つ、それは「あなたたちが信じ礼拝している神は、わたしの父であり、また、あなたたちのお父さんである」ということです。

鹿児島カトリック教区報【2024年3月号】

教区報(月刊紙)

【2024年3月号】鹿児島カトリック教区報

【1面】〔2024年 年間目標〕標洗礼の恵みに気づき、それを生きよう(3)中野裕明司教、性虐待対応ガイドラインを学ぶ>2年ぶりの教区司祭大会、助祭叙階式お知らせ〈3月20日〉、教区人事

鹿児島教区の旗

お知らせ

教区の日ミサ(司教区昇格記念)のお知らせ

2024/02/21   -お知らせ

2024年の『教区の日ミサ』は、2月25日(日)17:00から、中野裕明司教の主司式で鹿児島カテドラルザビエル教会で行われます。ミサはYouTubeでライブ配信を予定しています。

【音声版】鹿児島カトリック教区報2024年2月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2024年2月号

2024/02/16   -教区報音声版

【1面】〔2024年 年間目標〕標洗礼の恵みに気づき、それを生きよう(2)中野裕明司教、故国を離れ宣教師として生きたヨルダン・ハンマ神父が帰天、訃報>久保俊弘終身助祭、ほか

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

《2024年 年間目標》洗礼の恵みに気づき、それを生きよう(2)

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.