『典礼憲章』発布60周年記念講演会(日本カトリック典礼委員会主催)のお知らせ

教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

投稿日:2014年4月9日 更新日:

NEW ENTRY

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 56 ミサのカテケージス ⑤(最終回)

2023/11/29   -司教の手紙

鹿児島教区司教 中野裕明 教区の皆さま、お元気でしょうか。 ミサの核心部分、聖変化について 今回はミサの核心部分についてお話します。それは、聖変化の所です。司祭はカリスを取り、祭壇上に少し持ち上げて唱 ...

鹿児島カトリック教区報【2023年12月号】

教区報(月刊紙)

【2023年12月号】鹿児島カトリック教区報

2023/11/28   -教区報(月刊紙)

12月号 紙面の主な記事 【1面】〔司教の手紙〕ミサのカテケージス⑤(最終回)>中野裕明司教、受洗の喜びは死の恐れを超える>レオ七右衛門殉教祭で中野司教が言及、他 【2面】信徒にできることへの挑戦を願 ...

お知らせ

中野裕明司教 霊名記念ミサの案内

2023/11/27   -お知らせ

12月3日(日)は聖フランシスコ・ザビエルの記念日です。日本宣教の保護者、鹿児島司教区の保護者の記念日であると同時に、中野裕明司教様の霊名の祝日でもあります。18時からカテドラルでお祝いのミサと簡単な茶話会を開催いたしますので、お知らせいたします。

【音声版】鹿児島カトリック教区報2023年11月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2023年11月号

2023/11/24   -教区報音声版

【1面】〔司教の手紙〕ミサのカテケージス④>中野裕明司教、信徒の役割と司祭召命への取組>今年の教区評議会
【2面】人々の優しさに触れた旅-いただいた恵みを活かすことが使命に―WYDリスボン大会 参加報告・感想《1》、11月23日屋久島でシドッチ祭、他

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 55 ミサのカテケージス ④

2023/11/01   -司教の手紙

ミサでキリストの体をいただく信者は皆、キリストの体を形成している、という事です。1943年、教皇ピオ十二世は「キリストの神秘体」と題する回勅を発布し、当時の教会論の基礎に据えました。聖体拝領する信者はその度ごとにキリストを救い主とする信仰共同体を形成していくのです。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.