中野裕明司教の紋章
【緊急のお願い】ミャンマーの兄弟姉妹のために祈りましょう

2月1日に発生したミャンマーの軍事クーデターによる混乱は2か月経った今も日々激しくなるばかりです。私たち鹿児島教区も東京、ケルン(ドイツ)、ニューヨーク、レーゲンスブルグ(ドイツ)の各教区と連帯して祈りましょう。

続きを見る

教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

 

更新日:

NEW ENTRY

【音声版】教区報6月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2021年6月号

2021/06/15   -教区報音声版

【1面トップ】社会の最小共同体としての家庭---中野裕明司教
【2面トップ】差別主義と平等主義(14)---紫原教会主任司祭・山口好信神父
【3面トップ】根瀬部集会所との惜別---前小宿小教区主任司祭・鈴木康由神父
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑨み言葉の分かち合いとは(2)「み言葉の分かち合い」と「聖書研究」との違い---教区シノドス推進会議事務局・長野宏樹

公開ミサ実施状況

お知らせ

新型コロナウイルスに対する感染予防に関して

2021/06/01   -お知らせ

新型コロナウイルスの感染は、今年になっても国内外いずれにおいても終息の兆しは見えず、鹿児島県は警戒基準を「ステージⅢ」に引き上げ、「感染拡大警報」を発令しています。そこで、教区としての指針を振り返りながら、各小教区の対応をあらためて確認し、お知らせしたいと思います。

シノドス報告

シノドス関連

教区シノドス これからどう進む -- ⑨ み言葉の分かち合いとは(2)

2021/05/31   -シノドス関連

教区シノドス推進会事務局 長野宏樹 「み言葉の分かち合い」と「聖書研究」との違い 「み言葉の分かち合い」は、多くの国の教会共同体において、信者の霊性を深める手段として、重要な役割を果たしてきました。 ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉘ 社会の最小共同体としての家庭

2021/05/31   -司教の手紙
 

教区の皆さま、お元気でしょうか。今回も家庭についてお話したいと思います。 家庭は「社会の細胞」⇒ 教会の伝統的考え 教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同 ...

鹿児島カトリック教区報2021年6月号

教区報(月刊紙)

【2021年6月号】鹿児島カトリック教区報

【1面トップ】社会の最小共同体としての家庭---中野裕明司教
【2面トップ】差別主義と平等主義(14)---紫原教会主任司祭・山口好信神父
【3面トップ】根瀬部集会所との惜別---前小宿小教区主任司祭・鈴木康由神父
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑨み言葉の分かち合いとは(2)「み言葉の分かち合い」と「聖書研究」との違い---教区シノドス推進会事務局・長野宏樹

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.