教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

 

更新日:

NEW ENTRY

【音声版】鹿児島カトリック教区報2019年7月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2019年7月号

2019/07/20   -教区報音声版

【1面トップ】教会財産は福音宣教のために---経済問題評議会で司教が解説
【2面トップ】奄美の教会に活力を---報告・奄美地区宣教司牧を考える会
【3面トップ】司教講話で神の国について学習---堅信もあった今年のカトリック北薩大会
【4面トップ】ウガンダの旅2018⑥キルヤンガのチャイルドに面会---谷山教会信徒・岩崎正幸

中野裕明司教の紋章

中野司教のことば

司教の手紙⑥---教区シノドスのテーマは教会の三つの柱

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる 皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。 神父様 ...

鹿児島カトリック教区報2019年7月号

教区報(月刊紙)

【2019年7月号】鹿児島カトリック教区報

【1面トップ】教会財産は福音宣教のために---経済問題評議会で司教が解説
【2面トップ】奄美の教会に活力を---報告・奄美地区宣教司牧を考える会
【3面トップ】司教講話で神の国について学習---堅信もあった今年のカトリック北薩大会
【4面トップ】ウガンダの旅2018⑥キルヤンガのチャイルドに面会---谷山教会信徒・岩崎正幸

【音声版】鹿児島カトリック教区報2019年6月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2019年6月号

2019/06/21   -教区報音声版

【1面トップ】新しい時代を見据えて---教区の役職・担当等を発表
【2面】6月21日からカウンセリング講座---鹿児島きぼうの電話
【3面トップ】家族の存在と寄り添いが不可欠---イエズスの聖心病院パストラルケア部長シスター泉が講演
【4面トップ】ウガンダの旅2018⑤キルヤンガ地区小学校訪問---谷山教会信徒・岩崎正幸

中野裕明司教の紋章

中野司教のことば

司教の手紙⑤---10月に開く教区代表者会議に向けて

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.