教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

 

更新日:

NEW ENTRY

霧島彬神父叙階記念カード

動画アーカイブ

【動画】ボグスワフ・霧島彬助祭の司祭叙階式

2018/12/31   -動画アーカイブ
 

ボグスワフ・霧島彬助祭の司祭叙階式は12月29日(土)11:00から、フランシスコ・ザビエル中野裕明司教の司式で、鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われました。

中野裕明司教

中野司教のことば

年頭の辞 --「神の国」について

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

中野司教のことば

ご挨拶=感じたい「教区の一体感」

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2019年1月号

【1面トップ】「神の国」について--回心こそが世の人々への証=鹿児島教区長・中野裕明司教
【2面トップ】中野裕明司教様をお迎えして--徳之島教会と指宿教会
【3面トップ】司祭評等の役割と教区行事を確認--中野司教誕生後初のコンベンツス
【4面トップ】初めて「シドッチ祭」に参加して--枕崎教会・長野宏樹さん

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2018年12月号

2018/12/18   -教区報音声版

YouTube動画 【1面トップ】皆さんと過ごした歳月に感謝--郡山健次郎前鹿児島教区長 【1面】司教の手紙--ご挨拶=感じたい「教区の一体感」--中野裕明司教 【2面】釜ヶ崎「ふるさとの家」で考えた ...

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.