教区紹介ビデオ


▲2018年10月8日、中野裕明司教叙階式が始まる前に放映したショートムービーです。

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

 

更新日:

NEW ENTRY

鹿児島カトリック教区報2021年8月号

教区報(月刊紙)

【2021年8月号】鹿児島カトリック教区報

【1面トップ】〔司教の手紙〕平和の源としての兄弟愛---中野裕明司教
【2面】ベトナムに修道院用の土地を取得(聖血礼拝修道会)、大島地区連合壮年会の復活、他
【3面】班を通して互いに成長し続けよう(川内で班長研修会)、康由神父の聖書教室、他
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑪み言葉の分かち合いとは(4)「聖書を読む」(第2段階)---教区シノドス推進会事務局・長野宏樹

【音声版】鹿児島カトリック教区報2021年7月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2021年7月号

2021/07/20   -教区報音声版

教区報音声版はAnchorポッドキャストを運用基盤としています。AnchorではSpotify、RadioPublic、Googleポッドキャストなど7種類のプラットフォームで再配信しています。

シノドス報告

シノドス関連

教区シノドス これからどう進む -- ⑩ み言葉の分かち合いとは(3)

2021/06/29   -シノドス関連

聖書講座や聖書研究会などは講師や自分たち自身が主体となって行われるのに対して、み言葉の分かち合いは、主キリストをお迎えしたうえで、その集いの中心に座って私たちに語りかけられる、キリストのみ声にじっと耳を傾けながら行われます。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉙ 家族の中の親子関係

2021/06/28   -司教の手紙
 

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

鹿児島カトリック教区報2021年7月号

教区報(月刊紙)

【2021年7月号】鹿児島カトリック教区報

【1面トップ】〔司教の手紙〕家族の中の親子関係---中野裕明司教
【2面トップ】差別主義と平等主義(14)の修正---紫原教会主任司祭・山口好信神父
【3面】鹿児島教区教勢(2020年12月31日現在)、康由神父の聖書教室、会と催し
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑩み言葉の分かち合いとは(3)「主をお招きする」(第1段階)

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.