教区紹介ビデオ

2013年12月6日、駐日教皇庁大使・チェノットゥ大司教さまをお迎えした時にプレゼンテーションしたスライドを動画にしたものです。

 

教区の旗

カトリック鹿児島司教区の旗

ヘッダーの図柄は、聖フランシスコ・ザビエルさまの鹿児島上陸・450年を記念した1999年に、鹿児島教区の旗として作られたものです。

1999年のザビエル渡来450年祭は、聖人の聖腕、教皇特使をもローマからお迎えし、鹿児島だけでなくまた信者ばかりでもなく、全国の多くの方々とともにお祝いし、21世紀への決意を新たにしました。

~ デザインに織り込まれたおもい ~

    1. カトリック鹿児島司教区のイニシァル「C」「K」をデザイン化
    2. 左の垂直に延びる線は「牧杖」とその元で一致する教区の姿をイメージし、中央にホスチア、右側にカリスを配し、カトリックの特徴を表した
    3. 中央の十字は、キリストの十字架とザビエル様に宣教の許可を与えた薩摩藩主・島津公の紋章を重ね合わせ、地域に奉仕する教会の基本姿勢「文化内受肉」をイメージした
    4. 配色は、ザビエル様が乗り越えてきた大海原と島々を多く抱える鹿児島の海をイメージした「青」と純粋を表す「白」とした

 

更新日:

NEW ENTRY

2018年ザビエル上陸記念祭

動画アーカイブ

【2018年】ザビエル上陸記念祭---動画で紹介します

ザビエル上陸記念祭は、昨年に続き今年も8月11日(山の日)に、午前9時から、ザビエル教会で行われました。記念祭は、まず聖堂前庭のザビエルさまご像前でのセレモニー。鐘楼の鐘が長く打ち鳴らされた後「ザビエル書簡の朗読」、「郡山司教のあいさつ」に続いて聖堂へ。

司教執務室だより

今後のミッションを考える---引き続きお祈りください

2018/07/30   -司教執務室だより

キリストから頂いた司祭職は永遠の司祭職。したがって、司教としての奉仕職を行使する任は解かれても、司祭職の充満と言われる司教というステイタスは永遠。だから、引退したからといって、ただの郡山さんに戻るわけではない。

鹿児島カトリック教区報2018年8月号

教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2018年8月号

【1面トップ】郡山健次郎司教の後任決まる---中野裕明被選司教---叙階式は10月8日(月)13時から宝山ホールで
【2面】永年の働きに感謝 教区主催で記念ミサ---永山神父 アッシャー神父が金祝(司祭叙階50年)泉神父 栃尾神父が銀祝(司祭叙階25年)
【3面】新園舎の落成を終えて---カトリック国分幼稚園、玉里教会で分かち合いのためカフェ開店、他
【4面トップ】イエスさまの先駆者になろう---ザビエル教会での堅信式で郡山司教がメッセージ

鹿児島カトリック教区報2018年7月号

教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2018年7月号

2018/07/25   -教区報音声版

【1面トップ】司教講話で召命について学習---出水教会でカトリック北薩大会
【2面】鹿児島教区教勢---2017年12月31日現在
【3面トップ】奄カ連が総会と研修---みことばの読み込み方を学習
【4面トップ】福音宣教と信徒の役割---連合壮年会主催「森一弘司教講演会」感想

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサ

動画アーカイブ

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサ

2018/07/30   -動画アーカイブ

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサが7月16日(月・海の日)鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われました。金祝は永山幸弘神父、銀祝は泉浩二神父、栃尾泰英神父。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.