「司教の手紙」 一覧

教区報に毎月掲載されている司教の手紙から転載しています。

カテゴリ一覧

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊳ 聖母月に寄せて~聖母マリアと平和~

2022/05/02    

教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊲ 見よ、世の罪を取り除く神の小羊を

2022/04/01    

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊱ 心の中のウイルスに気をつけよう~四旬節メッセージ~

2022/02/28    

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉟ 過去を見直し、今を見極め、未来に備える~教区創立記念日に寄せて~

2022/01/30    

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉞ 聖マリアと聖ヨセフとともに神の子の誕生を祝う

2021/11/30    

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉝ 「王たるキリストの祝日」に寄せて

2021/10/30    

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉜ 天地の創造主、全能の父である神を信じます

2021/09/25    

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉛ 家族の中の夫婦愛

2021/08/29    

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉚ 平和の源としての兄弟愛

2021/07/31    

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉙ 家族の中の親子関係

2021/06/28    

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉘ 社会の最小共同体としての家庭

2021/05/31    

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㉗ 聖母月に寄せて --- 神の望まれる家庭像

2021/04/28    

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.