聖金曜日(主の受難、大斎・小斎)

更新日:

日時:
2020年4月10日 終日
2020-04-10T00:00:00+09:00
2020-04-11T00:00:00+09:00

聖地のための献金

14世紀中ごろ、教皇クレメンス6世は、パレスチナ各地の巡礼所とヨーロッパからの巡礼者保護をフランシスコ会に委託しました。その後、政情不安定な聖地で苦労している修道者たちを支えるために行われるようになった献金は、いつのころからか主の受難と死を記念する聖金曜日に
ささげられるようになりました。そして教皇レオ13世は1887年、カトリック教会のすべての小教区にこの聖地のための献金を命じました。

全世界の教会からローマ教皇庁に集められる献金は、現在、イスラエル、ヨルダン、キプロス、パレスチナ自治区内にある数多くの巡礼所や聖堂などの維持管理に充てられるほか、聖地の貧しい兄弟のための福祉施設や教育施設の運営、奨学金や生活保護などのために使われています。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 2

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

中野裕明司教の紋章 3

カレンダー 日時: 2020年4月10日 終日 2020-04-10T00:00:00+09:00 2020-04-11T00:00:00+09:00 典礼歴 教区の皆さまお元気でしょうか。 わたした ...

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

カレンダー 日時: 2020年4月10日 終日 2020-04-10T00:00:00+09:00 2020-04-11T00:00:00+09:00 典礼歴 中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区 ...

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.