「司教の手紙」 一覧

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊽ 「イエスの復活」の理解を深める

2023/04/03    

鹿児島教区司教 中野裕明 教区の皆さま、主イエスのご復活おめでとうございます。復活の慶びが教区全体に行き渡りますように。 今回は復活節に因んで、イエスの復活についてお話しいたします。 私は、ある信者さ ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊼ 四旬節の過ごし方

2023/03/06  

世界には大小さまざまな真偽不明の情報が攪乱しています。そんな中、普遍な価値を選択し、神の国の実現のために私たちの信仰を今一度見直していきたいものです。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊻ 教区の日に寄せて~福音宣教する教会作り~

2023/01/30  

この世は闇に覆われているので、明るいニュースに乏しいのが現実です。そんな中、罪と死に打ち勝ち、復活したキリストを賛美し顕彰する教会の使命は、まさに福音宣教の一点にあると言えるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊺ 「聖家族の現実」~クリスマスに寄せて~

2022/12/05  

聖家族とは、神が人間となって私たちの一人になってくださり、私たち家族の苦労を共有してくださった最初の家族のことです。その家族とは、ヨゼフとマリアと幼子イエスのことです。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊹ ミサのカテケージスについて

2022/11/01  

「ミサのカテケージス」は2022年の教区目標として、今年6月の司祭集会で司祭団に公表され、同じく9月の同集会で再確認されました。それは、今年の待降節第1主日(11月27日)からミサで使用されている言葉が、いくつか変更されるからです。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊸ 「世界宣教の日」に寄せて

2022/10/01  

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊷ 「すべてのいのちを守るための月間」に寄せて

2022/09/05    

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊶ 「平和旬間」に寄せて

2022/08/01    

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊵ 「いのちの福音」について

2022/06/30    

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊴ 「イエスの聖心の月」に寄せて

2022/06/02    

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊳ 聖母月に寄せて~聖母マリアと平和~

2022/05/02    

教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

中野裕明司教の紋章

司教の手紙

司教の手紙 ㊲ 見よ、世の罪を取り除く神の小羊を

2022/04/01    

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.