司教の文書

【緊急のお願い】ミャンマーの兄弟姉妹のために祈りましょう

投稿日:

鹿児島教区、司祭、修道者、信徒の皆様ヘ

日本のマスメディアで報道されているように、2月1日に発生したミャンマーの軍事クーデターによる混乱は2か月たつた今も日々激しくなるばかりで、すでに500人以上の人々が亡くなっています。

東京教区は以前からミャンマーの教会と姉妹関係にあることから、祈りによる支援を開始しています。(詳しくは東京教区のホームページをご覧ください)

東京教区は4月1日から、ケルン(ドイツ)、ニューヨーク、レーゲンスブルグ(ドイツ)の各教区と連帯して共通の祈りを唱え始めました。

この状況にかんがみ、私たち鹿児島教区も、この祈りの連帯の輪に加わりたいと思います。

文書のプレビュー画面

文書のダウンロードはこちらから(80Kb)

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 4

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 5

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

-司教の文書
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.