司教の文書

【緊急のお願い】ミャンマーの兄弟姉妹のために祈りましょう

投稿日:

鹿児島教区、司祭、修道者、信徒の皆様ヘ

日本のマスメディアで報道されているように、2月1日に発生したミャンマーの軍事クーデターによる混乱は2か月たつた今も日々激しくなるばかりで、すでに500人以上の人々が亡くなっています。

東京教区は以前からミャンマーの教会と姉妹関係にあることから、祈りによる支援を開始しています。(詳しくは東京教区のホームページをご覧ください)

東京教区は4月1日から、ケルン(ドイツ)、ニューヨーク、レーゲンスブルグ(ドイツ)の各教区と連帯して共通の祈りを唱え始めました。

この状況にかんがみ、私たち鹿児島教区も、この祈りの連帯の輪に加わりたいと思います。

文書のプレビュー画面

文書のダウンロードはこちらから(80Kb)

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

中野裕明司教の紋章 3

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 4

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 5

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 6

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

-司教の文書
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.