大島・徳之島地区

母間教会

更新日:

【絶えざる御助けの聖母】

主任司祭=福崎英雄神父
助任司祭=ウォラ・ジョバンニ・ドン・ボスコ神父

〒894-7426 大島郡徳之島町母間9540
電話=0997-84-0017

大島郡徳之島町母間9540

徳之島には10の聖堂があります。
徳之島は、鹿児島県本土の南南西約468Km、東支那海と太平洋の接線上に連なる奄美群島のほぼ中央に位置し、周囲84Km、面積は約248平方Kmで、徳之島町、天城町、伊仙町の3町からなり、気候は温暖な亜熱帯海洋性で、亜熱帯の樹木や草花を一年中を通して見ることができます。

徳之島への宣教の歴史は古く、1901年(明治34年)に来島したパリ外国宣教会の司祭フェリエ神父が最初でした。当時、何人かの信者が生まれ ましたが、大戦勃発の影響で一時、宣教活動は跡絶えてしまいました。その後の信者達の動向については資料がないので不明ですが、戦後間もない1947年(昭和 22年)に米国から渡来したカプチン会の宣教師達によって再び徳之島布教が開始され、以後、1955年(昭和30年)にはコンヴェンツァル会に、3年後の 1958年(昭和33年)にはレデンプトール会に引き継がれ、今日に至っています。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 2

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章 3

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章 4

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 5

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 6

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

-大島・徳之島地区

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.