南薩・種子屋久地区

種子島教会

更新日:

主任司祭=栃尾泰英神父

〒891-3101 西之表市西之表6877
電話=09972-2-0423

西之表市西之表6877

tanegashima種子島教会は、小教区内に3つの教会があります。
主任司祭が常駐する種子島教会(西之表市)、同じ島内に中種子教会(中種子町)、そして、隣の屋久島に屋久島教会です。

種子島教会の建物は1975年3月31日に建築された「聖霊教会」で、屋根が海・丘・街の三方に向かって広がっています。この形は、それぞれの場で働く人々へ神様の祝福があるようにと祈る心を表現したものです。

屋久島教会(巡回教会)

yakushima〒891-4405 鹿児島県熊毛郡屋久町小島1-7
電話=09974-7-2992

屋久島教会では、殉教者シドッチ神父を祝うシドッチ祭が、11月22~23日に行われます。シドッチ神父は、キリスト教禁制の江戸時代、1708年10月 11日 屋久島に上陸を果たした宣教師です。屋久島教会のステンドグラスは、上陸の際持っておられた聖母像が基になっています。ぜひ、シドッチ神父への思いをは せ、世界遺産の島、屋久島にもお越しください!

鹿児島県熊毛郡屋久町小島1-7

 

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-南薩・種子屋久地区

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.