お知らせ

心を合わせましょう!新型コロナウィルスの終息を願うロザリオの祈り

更新日:

「教皇様は、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの終息を願って、この聖母月、世界30か所の聖母聖堂などで毎日、ロザリオを捧げていらっしゃいます。

その一つに長崎のカトリック浦上教会被爆マリア小聖堂が選ばれ、5月21日(金)に実施され、ライブ配信されることになっています。みなさん、心を合わせて祈りましょう!詳細は、カトリック長崎大司教区のホームページをご覧ください。

ライブ配信はこのページでも視聴できます。

教区本部事務局長 末吉卓也

【5月21日】長崎浦上教会でのライブ配信

教皇フランシスコは、1年以上にわたり世界全体を苦しめている新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの終息を願って、カトリック教会で「聖母月」としている5月に「ロザリオの祈り」を唱えるよう全世界の信者に呼び掛けました。世界30カ所の聖母聖堂などで代わる代わる5月1日から毎日、ロザリオの祈りが唱えられ、最終日となる5月31日はバチカンで行われます。

ご参照 → 2021年4月30日バチカン・ニュースより「聖母月、世界の巡礼地から毎日ロザリオの祈り中継」

この30カ所のうちの一つにカトリック浦上教会被爆マリア小聖堂が選ばれ、5月21日に実施されると同時にライブ配信されることとなりました。

つきましては、日時とライブ配信される YouTube チャンネルをお知らせいたします。この時間に共に心を合わせてお祈りいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

新型コロナウイルスの世界的流行の終息を願うロザリオの祈り

日時:2021年5月21日(金)午後6時から約1時間(日本時間)

祈りの司式者:髙見 三明(カトリック長崎大司教、教区長)

チャンネル https://www.youtube.com/user/NagasakiCollegio

YouTube 配信予約のURL https://youtu.be/DbpquKNCXKc

ロザリオ・マラソンの日程表

ダウンロード

 

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 2

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 3

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナ禍で、私たちは自分がいつ感染するか、あるいは、いつ他人に感染させるかという恐怖心に煽られています。目に見えないウイルスの存在を信じているからです。それなら、目に見えない神様に信頼する強い信仰が得られように祈り合おうではありませんか。

中野裕明司教の紋章 5

昨年からの新型コロナウイルス禍のせいで私たちはこれまでの生活習慣の変更を余儀なくされています。全世界の人々が、欺瞞や強欲の精神から解放され、真理であり光である神の子イエス・キリストを褒めたたえ真の平和を希求することができますように。

-お知らせ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.