お知らせ

10/8~9に教区評議会が開催されます

投稿日:

小教区における集会祭儀と司祭召命の促進

10月8日(日)と「スポーツの日」の9日(月)の2日間、教区本部とカテドラル、そしてオンラインを使ったハイブリッド形式で全小教区から主任司祭と信徒代表が集い、教区の重大事項について検討する「教区評議会」が開催される。

今回のテーマは、小教区における集会祭儀と司祭の召命の促進で以下のような視点で話し合われる。

小教区における集会祭儀

司祭の数の減少により、鹿児島司教区内の小教区において主日のミサが挙行できない状況が増えてきています。今後もますます主日のミサが確保できない傾向は強まっていくものと思われます。以上のような緊急事態に対応すべく、司祭評議会及びコンベンツス(教区内で働く全聖職者の会合)において、「司祭不在のときの主日の集会祭儀」の実施とその司式者(信徒・修道者)の養成に教区として取り組んでいくことを確認しました。

今回の教区評議会では、私たちの教区がこのような状況にあることをまず皆さんで認識し、主日の集会祭儀に関する本質的な部分(ミサとの違い・主日に集まることの意味・司式者養成の方針など)について理解を深めることを目指します。

司祭召命の促進

教区において主日にミサではなく集会祭儀が行われるという事態は主として司祭の不足、司祭召命の不足によるものです。それゆえ、集会祭儀の積極的な側面を大事にすると同時に、私たち鹿児島司教区の信者は司祭召命を求める心、司祭召命促進の具体的な手立てについても意識を向ける必要があります。今回の講話と意見交換を
通してミサを大切にすることと司祭召命のために祈ることが表裏一体であることを皆で確認していきます。

※評議会は8日15時から始まり、9日正午からの派遣のミサで終了する予定。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

5月は聖母月。19日に聖霊降臨の祭日を祝います。復活節はこの日をもって終わります。教会の誕生日である聖霊降臨の日、新信者は、父である神、子である神、神の母である聖母を頂く家族の一員であることを喜んで自覚するのです。

中野裕明司教の紋章 2

私たち人間と神の子イエスとの関係は、「洗礼を受けることによって、人間となられた神であるイエス・キリストに固く結ばれる」ことだということです。

中野裕明司教の紋章 3

約3年間の地上での宣教活動で発信されたイエスのメッセージの主旨はただ一つ、それは「あなたたちが信じ礼拝している神は、わたしの父であり、また、あなたたちのお父さんである」ということです。

中野裕明司教の紋章 4

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

中野裕明司教の紋章 5

「幼児洗礼」と「成人洗礼」という二つの洗礼のかたちは、「親子愛」と「隣人愛」の関係で捉え直すことができるのではないかと思います。つまり、幼児洗礼を親子関係で、成人洗礼を隣人関係で捉えるという事です。

-お知らせ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.