聖金曜日

更新日:

日時:
2019年4月19日 終日
2019-04-19T00:00:00+09:00
2019-04-20T00:00:00+09:00

※大斎・小斎

聖地のための献金

14世紀中ごろ、教皇クレメンス6世は、パレスチナ各地の巡礼所とヨーロッパからの巡礼者保護をフランシスコ会に委託しました。その後、政情不安定な聖地で苦労している修道者たちを支えるために行われるようになった献金は、いつのころからか主の受難と死を記念する聖金曜日にささげられるようになりました。そして教皇レオ13世は1887年、カトリック教会すべての小教区にこの聖地のための献金を命じました。

全世界の教会からローマ教皇庁に集められる献金は、現在、イスラエル、ヨルダン、キプロス、パレスチナ自治区内にある数多くの巡礼所や聖堂などの維持管理に充てられるほか、聖地
の貧しい兄弟のための福祉施設や教育施設の運営、奨学金や生活保護などのために使われてい
ます。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

カレンダー 日時: 2019年4月19日 終日 2019-04-19T00:00:00+09:00 2019-04-20T00:00:00+09:00 典礼歴 教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族 ...

中野裕明司教の紋章 2

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 3

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章 4

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章 5

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.