司教の手紙

司教の手紙⑲「全員参加の教会」を目指して

投稿日:

教区の皆さま、お元気でしょうか?

新型コロナ禍、自然災害等、心配事が多い中、希望を失わずに前進してまいりましょう。

シノドス提言の実践、今後の進め方のポイント

さて、皆さまのお手元には、「教区シノドス提言集」が届いているでしょうか? これは、2019年10月に開催された教区シノドスのまとめです。教区では、この提言集を元にして、それらの提言を実践すべく3部会(信仰、典礼、宣教)に分けてそれぞれに会議を持ち、話し合いを進めてきました。

そして、それぞれの部会での会議が2回終了した段階で、6月の全司祭・助祭集会(コンベンツス)でその結果を分かち合い、課題を共有しました。今回は、その分かち合いを踏まえて、今後の進め方のポイントを提言したいと思います。ポイントは3つあります。

信仰、典礼、宣教の3テーマは密接に繋がっている

シノドスの提言を実践に移すために、シノドスに参加した皆さんには、3つの部会のいずれかのメンバーになって話し合いを続けていただきました。それぞれの行われた2回の会議の結果、浮かび上がった点は、信仰、典礼、宣教という3つのテーマは、それぞれが独立しているのではなく、お互いが密接に繋がっているということでした。

例えば、典礼部会において、「いかにミサの参加者を増やす方法についてある事ことを決めても、それを信者さんが実行してくれない」との意見がありました。この問題は、実は、信者さん個人の信仰の持ち方の問題ですから、むしろ信仰部会で取り組むべきテーマであると言えます。宣教についても言えます。福音宣教ですから、伝えるべき福音が何かをはっきりと把握していることが肝心です。従って、3つの部会は、基礎に信仰、その上に典礼、そして、宣教という風に、重層的に捉えるべきであると思います。

課題克服のため「神の言葉の分かち合い」を

上記の課題を克服するために、私は、「神の言葉の分かち合い」を提案します。

具体的には、来たるべき主日の福音の個所をグループの中で読んで、それぞれの感想を分かち合うことです。鹿児島教区では幸い、班制度が敷かれているので、班集会の中で必ずこの「神の言葉の分かち合い」を実践して欲しいと思います。なお、この「分かち合い」の進め方については、信仰部会で検討し、いずれ皆さんへ案内が行くと思います。

各部会に小教区から最低1人以上の参加を

この3部会は、決して「小教区から遊離した存在で、常に小教区に指示を出す」という性格であってはなりません。むしろ、各小教区から最低1人以上の人が、いずれかの部会に参加して欲しいと思います。なお奄美大島地区の人たちは、その地区で部会がありますから、本土地区に合流する必要はありません。

教会=信者であると同時にイエスのもの

最後に、上記の提案の神学的基礎についてお話しします。それはイエス・キリストと教会(私たち信者)の関係です。ヘブライ書には、「信仰の創始者、または完成者であるイエス」(12・2)という文言があります。つまり、私たちの信仰は、イエスによって成長させられなければならないということです。

また教会については「私はこの岩(ペトロ)の上に私の教会を建てる」(マタイ16・18)をイエス自身が言っています。つまり、教会は私たち信者のことであると同時に、イエス自身のものであるということです。

神様の祝福が豊かにありますように、アーメン

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 2

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 3

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章 4

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章 5

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

-司教の手紙
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.