司教の手紙

司教の手紙 ㉓ 救い主の到来に備える

投稿日:

教区の皆さま、お元気でしょうか?

今回はクリスマスを迎える準備として、洗礼者ヨハネのメッセージをこころに留めたいと思います。

先駆者ヨハネのメッセージを心に留めたい

彼は先駆者ヨハネとも言われています。「先駆者」とは、イエスの前を行く人、イエスの誕生を準備する人のことです。では、イエスの誕生を準備した人は彼だけだったでしょうか?

マタイ福音書の冒頭には、イエス・キリストの系図が記されています。系図はイエスの出自を示したもので、その最初の人物はアブラハムになっています。ところで、イエスの系図といえば、ルカ福音書にもあります。(ルカ3・23)そこでは、イエスから出発して最終は、「アダム、そして神に至る」(ルカ3・23)とあります。

この二つの系図の表記の仕方の違いは、マタイの方は旧約聖書を熟知している離散したユダヤ人向けであり、ルカの方は、ユダヤ人の歴史を知らない、ギリシャ語を話す人々に向けて編纂されたからだと言えます。いずれにせよ、これらの系図の意図するところは、イエスが、人間の歴史に深くかかわっているということと、その誕生は、ある日突然、無計画に天から降ってきたのではないということにあります。

換言すれば、人間の歴史の中に神が介入してきたと主張していると考えられるし、さらに、人類が、このイエスの出自にもっと注目してほしいという願望もうかがえます。つまり「イエスは、どこから来たのか?」そして「誰であるのか?」との問いかけです。

律法(十戎)に立ち返りイエスを迎える

さて、先駆者ヨハネの話に戻りましょう。彼は、イエスを迎えるためには律法に立ち返り、改心することが必要であると説きます。教会は、クリスマス前に待降節を設けて改心と犠牲を信者に求めるのは、先駆者ヨハネのメッセージに忠実であろうとするからです。

彼のメッセージの核心は、律法に忠実であることです。そして、律法の核をなすものは「神の十戒」です。「十戒」は「掟」とふつう訳されますが、原語では、デカローグ、つまりデカ(十)ローグ(ことば)という意味です。神はイスラエルの民に向かって話された、十箇条の言葉という意味です。旧約聖書の中で、「十戒」は出エジプト記20章、申命記5章に収録されていますのでお読みください。神様の心が伝わってきます。

私たちはみな、子供のころ親、先生、大人たちからいろんな事柄を諭されて育ってきたと思います。今の子供たちもそうあるべきだと思います。

十戒は神への務めと人間間の務めがある

「十戒」の4番目に「父母を敬え」というのがあります。1~3戒は神に対するに人間の務めですが、道徳的務めの5~10戒の間にこの4戒があります。これは、人間の神への務めと人間間の務めの橋渡しというか、ちょうつがいのような立場のような気がします。

つまり、「父母を敬え」という務めは、神側からすると、「父母は神の代理者だから、子供は父母を敬うべきである」とし、子供の側からすると「父母を通して、神を敬うことを教わることができる」という風に捉えることができるのではないでしょうか。

「神の十戒」の各戒について家族間で話し合ってみるのも待降節の有意義な過ごし方の一つであると思います。よいクリスマスをお迎えください。

鹿児島カトリック教区報2020年12月号から

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

中野裕明司教の紋章 3

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 4

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 5

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 6

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

-司教の手紙
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.