鹿児島地区

ザビエル教会

投稿日:2014年4月9日 更新日:

【聖フランシスコ・ザビエル】

主任司祭=小隈憲士神父
協力司祭=霧島彬神父

〒892-0841 鹿児島市照国町13-42
電話=099-222-3408
HP=http://xavier-kagoshima.net/

鹿児島市照国町13-42

歴史と特徴

  • 1908年、ラゲ神父によって初代の石造りのザビエル教会が献堂されました。
  • 1945年、空襲により焼失、1949年にはザビエル渡来400年を記念して2代目の聖堂(木造)が献堂されました。
  • 1998年2代目の聖堂もシロアリの被害等老朽化が進んだため解体され、翌1999年にはザビエル渡来450年を記念して現在のザビエル教会が献堂されました。

聖堂名は鹿児島カテドラルザビエル記念聖堂です。この聖堂は、その名前が示すように、主として二つの目的で献堂されました。カトリック鹿児島司教区のカテドラル(司教座聖堂)であること、日本のキリストの福音をもたらしたザビエル渡来の記念碑とすることです。

司教座聖堂は、教区の母なる教会として、その信仰生活に奉仕する場となり、また鹿児島における福音宣教の拠点となるところです。それにふさわしい聖堂であることを念頭に設計されました。

外観は聖フランシスコザビエルが航海した帆船をイメージしたものです。主聖堂のステンドガラスの赤色は聖フランシスコザビエルの宣教への熱き想い、青色は海の色をイメージしたものです。

司教座聖堂の性質上、小教区としての宣教活動はもとより、教区ミサ、コンサート、ザビエル上陸記念祭、市民クリスマス、教育活動等を始め教区の教会としての役割も幅広く担っています

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

5月は聖母月。19日に聖霊降臨の祭日を祝います。復活節はこの日をもって終わります。教会の誕生日である聖霊降臨の日、新信者は、父である神、子である神、神の母である聖母を頂く家族の一員であることを喜んで自覚するのです。

中野裕明司教の紋章 2

私たち人間と神の子イエスとの関係は、「洗礼を受けることによって、人間となられた神であるイエス・キリストに固く結ばれる」ことだということです。

中野裕明司教の紋章 3

約3年間の地上での宣教活動で発信されたイエスのメッセージの主旨はただ一つ、それは「あなたたちが信じ礼拝している神は、わたしの父であり、また、あなたたちのお父さんである」ということです。

中野裕明司教の紋章 4

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

中野裕明司教の紋章 5

「幼児洗礼」と「成人洗礼」という二つの洗礼のかたちは、「親子愛」と「隣人愛」の関係で捉え直すことができるのではないかと思います。つまり、幼児洗礼を親子関係で、成人洗礼を隣人関係で捉えるという事です。

-鹿児島地区

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.