教区シノドス関連

鹿児島教区シノドスで103名が集い「教会の3つの柱」を分かち合う

更新日:

鹿児島教区代表者会議(教区シノドス)は10月13、14日の二日間、教区内の司祭、修道者、信徒の代表103名が集い、教区本部とザビエル教会で開かれました。

鹿児島教区初の開催となった「教区シノドス」のテーマは、『教会の3つの柱(集まり・交わり・派遣)を生きる』。

初日はザビエル教会主聖堂で開会式に続いて全体会が行われ、中野司教から「教区シノドスの意義と課題」について約40分の講話が行われました。

全体会における中野司教の講話

講話の後、以下の9つのグループに分かれて分科会。

A 聖書に親しんでいるか
B 班制度が活かされているか(教会の福音化)
C 主日のミサの充実
D 外国からの移動・移住者との連帯
E 若者と教会
F 社会との関わり(社会の福音化)
G 教区組織の充実
H 高齢社会と教会
I 家庭と教会

2日目は、初日に続いてそれぞれの分科会で分かち合いを深めた後に全体会。各分科会からの分かち合い結果報告と中野司教の講評。その後、閉会ミサで散会となりました。

教区シノドス・閉会ミサにおいての中野司教の説教

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-教区シノドス関連
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.