シドッチ神父

霧の彼方から

更新日:

波頭を超えて屋久島に上陸したシドッチ神父

imageシドッチ神父、1668年、シチリア島生まれ。15歳でローマへ。当時の最高水準の学問を修め、それは16分野に及んだという。

司祭叙階後まもなくしてuditore(枢機卿側近)に抜擢されたが、32歳にして日本渡航を請願。日本の禁教令は今なお厳しく日本渡航は死を意味した。教皇クレメント11世は苦慮の末、シドッチ神父の熱意に押されて許諾。

1703 年22年ぶりに日本渡航を志す若い有能な司祭がジェノバの港から船出した。かつて宣教師たちは、スペイン・ポルトガルが東洋での覇権を巡ってしのぎをけず る大航海時代の波に乗って日本にやってきた。「よそ者に日本を荒らされてなるものか」と鎖国禁教の日本。しかし、日本人についてはザビエルがこよなく愛した鹿児島の人ベルナルドをはじめ、九州から送り出された少年使節などローマに残された多くの優秀な日本人たちの足跡がシドッチ神父の日本渡航への思いを募らせたに違いない。「波頭を越えてやってきた熱心で優秀な人々のふるさと日本に渡り禁教の誤解を解かなければならない!」そんな高邁な思いを誰がとめることができただろうか。

話は脈絡を欠くが「真実の愛とは決して後悔しないこと。」なんの番組だったか今朝のジムのテレビから二度も流れてきた名言?に心が動いた。司祭職駆け出しの 頃を思うと赤面することは多い。しかも「ハイ!」と一歩踏み出したにもかかわらず、エジプトを懐かしがった神の民同然の自分もいたりする。それでも最終的には「もう一度人生がもらえるのだったらやはり司祭になりたい」との思いを語れるまでになったのはいつの頃か。

そんな思いを新たにしながら臨んだ勉強会。屋久島上陸後直ちに捕縛されたシドッチ神父。案じていたことが現実となった。捕縛の報を受けた教皇は「マンマミーア!言わんこっちゃない!」と慨嘆されたのだろうか。そしてさらに、シドッチ神父自身は教皇の慈父の心遣いにもかかわらず意志を貫いた己の「若気の至り?」を後悔はしなかったのだろうか。明言のしようもないが、初志を翻すことはおろか神の前に恥じることなど皆無だった違いない。で、「真実の愛とは神の前で恥じることのないこと」と言い換えてみたい。

それにしても「・・・狼の群れに小羊を送り込むようなものだ」というミサの福音はクレメント教皇がシドッチ神父に抱いた思いそのものではなかったのか。ともあれ霧の彼方からシドッチ神父の輪郭が少しずつ顕わになってくるようでワクワクだ。明日はいよいよ新井白石との対面。楽しみだ。

----------2010/01/26付郡山司教の「それでも!Blog」から転載

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-シドッチ神父
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.