教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2018年5月号

更新日:

紙面の主な記事

  • 【1面トップ】すべてを捨てて神のもとへ---徳之島の池上利男さんが終身助祭に
  • 【1面】最期まで司祭の務めを果たして---笑顔の宣教師・牧山田一神父帰天
  • 【2面】ありがとう!牧山神父様(告別式弔辞)---優しさと笑顔を忘れません
  • 【3面トップ】ミサと競技会で絆を深める---全島あげて合同復活祭(奄美大島)
  • 【4面トップ】聖心教会の改修に感謝して!---小さく貧しい祈りの集い(森島実江)

2018年5月号のダウンロードはこちらから   (826Kb)

紙面のプレビュー画面

こちらで閲覧することも可能です。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

中野裕明司教の紋章 2

「見たこともないのに愛し、見なくても信じる」 「キリストを見たこともないのに愛し、今見なくても信じている」罪と死に勝利した主イエス・キリストの復活、おめでとうございます。 教区の皆さま、お元気でしょう ...

中野裕明司教の紋章 3

宣教部会は、基本的な精神として、人間に対する徹底した奉仕を目指すものと考えています。ただ、宣教という言葉は、「福音を宣べる」という意味ですが、言葉と行いで、福音を宣べ伝えることを「福音宣教」と考え、愛の実践は「福音化」という表現の内容であると理解したいのです。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.