教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2019年4月号

投稿日:2019年3月30日 更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】奄美での出会いで教区神学生に
【2面】お別れのごあいさつ--55年間の感謝を込めて!大口教会主任司祭M・アッシャー神父
【3面トップ】聖なる教会を証明する修道者---ザビエル教会で奉献生活者のミサ
【4面トップ】ウガンダの旅2018③首都カンパラに到着---谷山教会信徒・岩崎正幸

2019年4月号のダウンロードはこちらから  (827Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

中野裕明司教の紋章 2

「幼児洗礼」と「成人洗礼」という二つの洗礼のかたちは、「親子愛」と「隣人愛」の関係で捉え直すことができるのではないかと思います。つまり、幼児洗礼を親子関係で、成人洗礼を隣人関係で捉えるという事です。

中野裕明司教の紋章 3

ミサでキリストの体をいただく信者は皆、キリストの体を形成している、という事です。1943年、教皇ピオ十二世は「キリストの神秘体」と題する回勅を発布し、当時の教会論の基礎に据えました。聖体拝領する信者はその度ごとにキリストを救い主とする信仰共同体を形成していくのです。

中野裕明司教の紋章 4

イエスの極めつけの言葉を送ります。「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。」(ヨハネ6・27)

中野裕明司教の紋章 5

ミサの中でキリストの体であるご聖体を頂く私たちは、同時にキリストの体にあずかっているという事実を実感すべきです。そうすれば、肉の体(肉の思い)から霊の体(霊の思い)へと変容させられ、教会共同体全体が聖霊に満たされるに違いありません。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.