お知らせ 動画アーカイブ

主の降誕(クリスマス)夜半のミサ ライブ配信予定のお知らせ

投稿日:2020年12月10日 更新日:

中野司教のクリスマスミサの説教

本来、24日20:00から鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われるミサをライブ配信の予定でしたが、トラブルの発生により配信開始7分ほどで回線が途切れてしまいましたので、あらためて中野司教にお願いして、12月25日午前、教区本部聖堂内にて収録いたしました。

お詫びとご報告

クリスマスミサのライブ配信ができなかったことを深くお詫びいたします。

クリスマスミサのライブ配信が実施できなかった原因を調査いたしましたところ、教区の機材、ザビエル聖堂内のネットワーク回線などには問題はなかったことがわかりました。

次にストリーミングサービス(動画配信サービス)を調べたところ、24日19時40分ごろからyoutubeのシステム障害が報告され始め、20時を過ぎたころから、システム障害の報告数がかなり多く報告されるようになっていました。

ライブ配信が実施できなかった原因として判明したのは、youtubeへの接続・システム障害にミサのライブ配信開始時間が重なったことで、映像・音声データをyoutubeのサーバーへアップロードすることができなくなったということです。

また通常であれば、ライブ配信のデータを配信と同時に録画データとしてPCに保存しているのですが、今回、ライブ配信を復旧させるために、何度か配信ソフトを再起動させたことで、録画データを完全な形で残すことがきず、データの復元もかないませんでした。

今後のライブ配信におきましては、配信と同時に手元の機器(できれば複数)にも録画保存し、万一のトラブルに備えたいと考えています。

------------------------------------

12月24日(木)20時から鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われる、中野裕明司教司式の主の降誕(クリスマス)夜半のミサをライブ配信します。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ミサ中、ザビエル教会への入堂は人数が制限されています。整理券をお持ちでない方は入堂できませんので、ライブ配信されるミサに心を合わせてお祈りくださいますよう案内いたします。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

5月は聖母月。19日に聖霊降臨の祭日を祝います。復活節はこの日をもって終わります。教会の誕生日である聖霊降臨の日、新信者は、父である神、子である神、神の母である聖母を頂く家族の一員であることを喜んで自覚するのです。

中野裕明司教の紋章 2

私たち人間と神の子イエスとの関係は、「洗礼を受けることによって、人間となられた神であるイエス・キリストに固く結ばれる」ことだということです。

中野裕明司教の紋章 3

約3年間の地上での宣教活動で発信されたイエスのメッセージの主旨はただ一つ、それは「あなたたちが信じ礼拝している神は、わたしの父であり、また、あなたたちのお父さんである」ということです。

中野裕明司教の紋章 4

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

中野裕明司教の紋章 5

「幼児洗礼」と「成人洗礼」という二つの洗礼のかたちは、「親子愛」と「隣人愛」の関係で捉え直すことができるのではないかと思います。つまり、幼児洗礼を親子関係で、成人洗礼を隣人関係で捉えるという事です。

-お知らせ, 動画アーカイブ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.