お知らせ 動画アーカイブ

主の降誕(クリスマス)夜半のミサ ライブ配信予定のお知らせ

更新日:

中野司教のクリスマスミサの説教

本来、24日20:00から鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われるミサをライブ配信の予定でしたが、トラブルの発生により配信開始7分ほどで回線が途切れてしまいましたので、あらためて中野司教にお願いして、12月25日午前、教区本部聖堂内にて収録いたしました。

お詫びとご報告

クリスマスミサのライブ配信ができなかったことを深くお詫びいたします。

クリスマスミサのライブ配信が実施できなかった原因を調査いたしましたところ、教区の機材、ザビエル聖堂内のネットワーク回線などには問題はなかったことがわかりました。

次にストリーミングサービス(動画配信サービス)を調べたところ、24日19時40分ごろからyoutubeのシステム障害が報告され始め、20時を過ぎたころから、システム障害の報告数がかなり多く報告されるようになっていました。

ライブ配信が実施できなかった原因として判明したのは、youtubeへの接続・システム障害にミサのライブ配信開始時間が重なったことで、映像・音声データをyoutubeのサーバーへアップロードすることができなくなったということです。

また通常であれば、ライブ配信のデータを配信と同時に録画データとしてPCに保存しているのですが、今回、ライブ配信を復旧させるために、何度か配信ソフトを再起動させたことで、録画データを完全な形で残すことがきず、データの復元もかないませんでした。

今後のライブ配信におきましては、配信と同時に手元の機器(できれば複数)にも録画保存し、万一のトラブルに備えたいと考えています。

------------------------------------

12月24日(木)20時から鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われる、中野裕明司教司式の主の降誕(クリスマス)夜半のミサをライブ配信します。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ミサ中、ザビエル教会への入堂は人数が制限されています。整理券をお持ちでない方は入堂できませんので、ライブ配信されるミサに心を合わせてお祈りくださいますよう案内いたします。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-お知らせ, 動画アーカイブ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.