教区報音声版

【音声版】鹿児島カトリック教区報2019年6月号

投稿日:

YouTube動画

【1面トップ】新しい時代を見据えて---教区の役職・担当等を発表
【2面】6月21日からカウンセリング講座---鹿児島きぼうの電話
【3面トップ】家族の存在と寄り添いが不可欠---イエズスの聖心病院パストラルケア部長シスター泉が講演
【4面トップ】ウガンダの旅2018⑤キルヤンガ地区小学校訪問---谷山教会信徒・岩崎正幸

PDF版

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世は闇に覆われているので、明るいニュースに乏しいのが現実です。そんな中、罪と死に打ち勝ち、復活したキリストを賛美し顕彰する教会の使命は、まさに福音宣教の一点にあると言えるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

聖家族とは、神が人間となって私たちの一人になってくださり、私たち家族の苦労を共有してくださった最初の家族のことです。その家族とは、ヨゼフとマリアと幼子イエスのことです。

中野裕明司教の紋章 3

「ミサのカテケージス」は2022年の教区目標として、今年6月の司祭集会で司祭団に公表され、同じく9月の同集会で再確認されました。それは、今年の待降節第1主日(11月27日)からミサで使用されている言葉が、いくつか変更されるからです。

中野裕明司教の紋章 4

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 5

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

-教区報音声版

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.