司教の文書

2019 年頭の辞 --「神の国」について

更新日:

回心こそが世の人々への証

中野裕明鹿児島司教

 

鹿児島教区長  司教 中野裕明

鹿児島教区の信者(司祭・助祭・奉献生活者・信徒)のみなさま、新年明けましておめでとうございます。この一年、みなさまの上に、神様の豊かな祝福がありますようにお祈り申し上げます。

さて、「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。

もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ11・15)。

ですから、私の在任中という言い草も本来おこがましいことであります。

ところで、イエスの宣教活動はこのメッセージで始まり、72人の弟子を宣教に遣わすにあたり、出会う人々に「『神の国は、あなた方に近づいた』といいなさい」(ルカ10・9)と訓示を与え、ご自分の死と復活によってこの世の悪と死に勝利し、この世に神の国を実現させたあと、神の国の王としての権能を12使徒に付与し、福音宣教者として全世界に派遣したのです。

「全世界へ行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。信じる者には次のようなしるしが伴う。彼らは私の名によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語る。手で蛇をつかみ、また、毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば治る」(マルコ16・16)。

このメッセージの後半は、まさに神の国が実現したことのしるしであります。

これまで、聖書(神のことば)が語るメッセージを紹介しましたが、人間の理性で理解するところの「神の国」には次の二つがあると思います。一つは、「神権政治」、もう一つは、「ユートピア」です。

「神権政治」とは、別名、「政教一致」ともいえるものですが、古代社会(有史以来4世紀まで)においては、民を治める人の権威は神から授かったものという教えが一般的でした。いわゆる祭りごとを主催する人が、政治を行うというわけです。

ところで、イスラエルの民も王が支配する、一つの国でした。それで人々は、ナザレのイエスに、もしかしたら、自分たちの王(メシア)ではないかとの期待を込めていました。イエスの選んだ12人の弟子たちでさえ、大衆と同じ様な期待をイエスに賭けていたことも事実です(マタイ20・20~28参照)。しかし、イエスは「神の国」の王ですが、この世の国の王ではありません(ヨハネ19・36参照)。私たち信仰者も天の父の思いよりも、人間的願望をイエスにかけ過ぎることがあるかもしれません、12人の弟子たちと同じ様に。

「ユートピア」とは理想郷のことです。16世紀、イギリス社会の理想の姿を描いた、トマス・モアの作品のタイトルとして使われて以来、一般化したものですが、元来、ユートピアはギリシャ語で「ない場所」という意味です。

つまり、「ユー」は否定語で「トピア」は「トポス」の派生語で場所を意味しています。イエスが地上で始められた「神の国」は、ある意味で、「教会」として、この世に存続しているといえます。しかし、イエスはその説教の中では、「神の国」を「種まき」、「からし種」、「パン種」、の比喩を持って説明しています(マタイ13・18~51参照)。つまり、神の国は、生命あるもの、最初は小さいが、やがて成長するものとして理解されています。だとしたら、成長しない教会は、「神の国」とは言えないとも言えます。

最後に、この「神の国」で一番偉い人はだれでしょうか。イエスは明言しています。「心を入れ替えて、子供のようにならなければ、決して、天の国(神の国)に入ることはできない」(マタイ18・3)教会に属するわたしたちの回心こそが、この世の人々に対して「神の国」がここにあるよ、という証しになるのではないでしょうか。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 4

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 5

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

-司教の文書
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.