お知らせ

貴島神学生助祭に

更新日:

3月28日にフィリピンで叙階式

教区報3月号

教区報3月号

3月末、貴島丈弥神学生(38歳)が助祭の聖位にあげられる。聖心教会出身。

奄美市名瀬出身の貴島神学生は、大島高校卒業後、社会での実践を積み、2006年4月にサン・スルピス大神学院に入学した。2009年3月に朗読奉仕者に選任され、その年の4月に青少年プログラムを学ぶためにフィリピンへ留学し、現在に至っている。

フィリピンでの留学もすでに6年あまり。ようやくたどり着いた助祭叙階である。叙階式には小川靖忠神父を団長とする巡礼団が組織され、フィリピンへ足を運ぶことになっている。

貴島神学生の助祭叙階式は3月28日(土)、フィリピンはマニラのサンカルロス神学院聖堂で行われる。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

教区の皆さま、お元気でしょうか? 新型コロナ禍、自然災害等、心配事が多い中、希望を失わずに前進してまいりましょう。 シノドス提言の実践、今後の進め方のポイント さて、皆さまのお手元には、「教区シノドス ...

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか? 「教皇フランスコ訪日講話集」(カトリック中央協議会 2020年1月25日)のはしがきで菊地功東京大司教は次のように書いています。 「わたしたちは、薄っぺらな言葉が飛び ...

中野裕明司教の紋章 3

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

中野裕明司教の紋章 4

「見たこともないのに愛し、見なくても信じる」 「キリストを見たこともないのに愛し、今見なくても信じている」罪と死に勝利した主イエス・キリストの復活、おめでとうございます。 教区の皆さま、お元気でしょう ...

中野裕明司教の紋章 5

宣教部会は、基本的な精神として、人間に対する徹底した奉仕を目指すものと考えています。ただ、宣教という言葉は、「福音を宣べる」という意味ですが、言葉と行いで、福音を宣べ伝えることを「福音宣教」と考え、愛の実践は「福音化」という表現の内容であると理解したいのです。

-お知らせ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.