司教執務室だより

神の呼びかけに答える

投稿日:

貴島丈弥神学生

貴島丈弥神学生

「司祭を志す者は一歩前に出なさい。」
確かそんな呼びかけだったと思う。神学科に上がった6月だったか、剃髪式を受けるときの呼び出しへの答えは「アドゥスム!」。

少年サムエルが神殿で神さまに呼ばれた時の返事の言葉で「ここにいます」(サムエル上3・4)というラテン語。同級生5人が一列に並び、一人ずつ「アドゥスム!」の返事と共に一歩前に踏み出し、司教様から前髪を少し切ってもらってスータンを受ける。あの時の感動は今も忘れない。

簡単に頷くのは哲学生らしくないと、いつもハスに構え、理屈をこね回していた哲学課程の2年間。そして意気込んで臨んだ神学課程の最初の授業。「これが学問?!」あまりの手ごたえのなさに絶句したものだ。

そして、これまでとは180度違う雰囲気での神学のクラスが始まることになった。こうして迎えた2か月後の剃髪式。凛と響いた「一歩前に出なさい」という抗いがたい促しのことば。「アドゥスム!」の応答。「分かりました。もう何も言いません」。神様に兜を脱いで無抵抗を誓ったときだった。

「ボクの人生はこれで決まった。」確信のような思いが全身に満ちた。5人のうち2人は別の道を行くことになったが、大荒れに荒れた哲学時代と違って穏やかな毎日だったように思う。

その後、助祭、司祭と二つの叙階式にも同じ問いかけと応答がなされた。しかし、いずれの場合の「アドゥスム!」にも初回ほどの感動はなかった。むしろ、司祭叙階式当日、あの聖心教会に溢れるほどの参列者に圧倒されたものだ。

28日、ついに貴島君がマニラで助祭に上げられる。6年にわたる外国での長い神学校生活をよくぞ耐えたと思う。どんな思いで「アドゥスム!」を言うのか。司祭叙階への最終ステージに臨む彼のためにたくさん祈って欲しい。

お勧めの記事

司教の手紙201903 1

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 2

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 3

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

4

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

5

序論:「八つの幸い」・「地の塩・世の光」 配布資料 第2講レジュメ

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.