お知らせ

新型コロナウイルスに対する感染予防に関して

更新日:

新型コロナウイルスの感染は、今年になっても国内外いずれにおいても終息の兆しは見えず、鹿児島県は警戒基準を「ステージⅢ」に引き上げ、「感染拡大警報」を発令しています。そこで、教区としての指針を振り返りながら、各小教区の対応をあらためて確認し、お知らせいたします。

  1. 主日のミサの実施に関しては、感染の終息が政府により宣言されるまで主任司祭の裁量に委ねられている。また、信者は、主日その他の守るべき祝日にミサに与る義務を免除されている。(2020年3月7日付司教通達第2弾)
  2. 「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン(2020年11月1日付)」を再確認する。
  3. 感染が発生した場合の保健当局への対応に備えて、ミサや会合の参加者の情報を把握しておく。
  4. 求道者や信者でない方には、温かい雰囲気を維持しながら感染予防・対策に協力してもらう。
  5. 教会活動において感染者が出た場合、直ちに教区本部に連絡する。教会内と教会外への公表を同時に行なうため、教区本部が教区のホームページで公表する。クラスター等報道関係者に対応する事態が生じた場合、その対応は教区本部が行う。

各小教区の対応状況一覧

ダウンロード

日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン

日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン(2020年11月1日付)」を再確認する。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 2

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 3

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナ禍で、私たちは自分がいつ感染するか、あるいは、いつ他人に感染させるかという恐怖心に煽られています。目に見えないウイルスの存在を信じているからです。それなら、目に見えない神様に信頼する強い信仰が得られように祈り合おうではありませんか。

中野裕明司教の紋章 5

昨年からの新型コロナウイルス禍のせいで私たちはこれまでの生活習慣の変更を余儀なくされています。全世界の人々が、欺瞞や強欲の精神から解放され、真理であり光である神の子イエス・キリストを褒めたたえ真の平和を希求することができますように。

-お知らせ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.