動画アーカイブ

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサ

投稿日:

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサ

司祭叙階金祝・銀祝記念ミサが7月16日(月・海の日)鹿児島カテドラル・ザビエル教会で行われました。金祝は永山幸弘神父、銀祝は泉浩二神父、栃尾泰英神父。

記念ミサの主司式を務めた泉浩二神父は「今日は、司祭叙階金祝・銀祝の記念ミサです。郡山司教さまは大阪の二人の補佐司教の叙階式出席のため、私が代わりにここに立つことになりました。そして、喜びのこの時に新しい鹿児島の司教が決まりました。中野被選司教のためにも一緒に祈りを捧げていただきたいと思います。」と述べました。

以下の動画で記念ミサと祝賀式の模様をお伝えいたします。

なお、記念ミサに関する記事は鹿児島カトリック教区報2018年8月号第2面に掲載されています。

入祭の儀

永山幸弘神父の説教

共同祈願、奉納、奉献

司祭代表と信徒代表の祝辞

ティエン神父(名瀬聖心協会)

福田皓佑さん(ザビエル教会)

金祝・銀祝司祭のあいさつと花束贈呈

教区報2018年8月号へ

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

5月は聖母月。19日に聖霊降臨の祭日を祝います。復活節はこの日をもって終わります。教会の誕生日である聖霊降臨の日、新信者は、父である神、子である神、神の母である聖母を頂く家族の一員であることを喜んで自覚するのです。

中野裕明司教の紋章 2

私たち人間と神の子イエスとの関係は、「洗礼を受けることによって、人間となられた神であるイエス・キリストに固く結ばれる」ことだということです。

中野裕明司教の紋章 3

約3年間の地上での宣教活動で発信されたイエスのメッセージの主旨はただ一つ、それは「あなたたちが信じ礼拝している神は、わたしの父であり、また、あなたたちのお父さんである」ということです。

中野裕明司教の紋章 4

人祖アダムの罪(原罪)の傷を負った人類は、あるいは、洗礼によって、原罪から解放された信者であっても、自分の責任で犯す神の十戒への違反は神から赦される必要があります。そうしないと、その人は一生、自己矛盾の中で苦しむことになります。

中野裕明司教の紋章 5

「幼児洗礼」と「成人洗礼」という二つの洗礼のかたちは、「親子愛」と「隣人愛」の関係で捉え直すことができるのではないかと思います。つまり、幼児洗礼を親子関係で、成人洗礼を隣人関係で捉えるという事です。

-動画アーカイブ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.