ザビエルさま

ザビエルさまの生涯

更新日:

 ザビエルさまの年表

ザビエルさま終焉の図

ザビエルさま終焉の図

  • 1506年4月7日 スペイン・ナバラのザビエル城で生まれる
    (兄2人、姉2人の5人兄弟姉妹の末っ子)
  • 1525年 パリ大学に留学
  • 1537年6月 司祭叙階
  • 1541年4月7日 インド宣教のためリスボン出発
  • 1542年5月 インド・ゴア到着
  • 1547年12月 マラッカで鹿児島出身のヤジロウ(アンジロウ)と出会う
  • 1549年8月15日 ヤジロウの案内で鹿児島に上陸
  • 1551年まで日本宣教
  • 1552年12月3日 中国広東省・上川島で昇天
  • 1619年10月25日 パウルス5世によって列福
  • 1622年3月12日 グレゴリウス15世によって列聖
  • 記念日は12月3日

【写真は、長谷川路可作ザビエルさま終焉の図=鹿児島カテドラル・ザビエル教会所蔵】

ザビエルさまの日本人評

鹿児島上陸の図

鹿児島上陸の図(長谷川路可作) 鹿児島カテドラル・ザビエル教会所蔵

「この国の人びとは今までに発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人びとは異教徒の間では見つけられないでしょう。彼らは親しみやすく、一般に善良で、悪意がありません。驚くほどに名誉心が強い人びとで、他の何ものよりも名誉を重んじます。大部分の人は貧しいのですが、武士も、そうでない人びとも、貧しいことを不名誉とは思っていません。」

聖フランシスコ・ザビエルの書簡から引用
(1549年11月15日、鹿児島からゴアのイエズス会員宛)

    お勧めの記事

    中野裕明司教の紋章 1

    「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

    中野裕明司教の紋章 2

    教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

    中野裕明司教の紋章 3

    新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

    中野裕明司教の紋章 4

    中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

    中野裕明司教の紋章 5

    教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

    中野裕明司教の紋章 6

    2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

    中野裕明司教の紋章 7

    日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

    -ザビエルさま
    -

    Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.