ザビエルさま

ザビエルさまの生涯

更新日:

 ザビエルさまの年表

ザビエルさま終焉の図

ザビエルさま終焉の図

  • 1506年4月7日 スペイン・ナバラのザビエル城で生まれる
    (兄2人、姉2人の5人兄弟姉妹の末っ子)
  • 1525年 パリ大学に留学
  • 1537年6月 司祭叙階
  • 1541年4月7日 インド宣教のためリスボン出発
  • 1542年5月 インド・ゴア到着
  • 1547年12月 マラッカで鹿児島出身のヤジロウ(アンジロウ)と出会う
  • 1549年8月15日 ヤジロウの案内で鹿児島に上陸
  • 1551年まで日本宣教
  • 1552年12月3日 中国広東省・上川島で昇天
  • 1619年10月25日 パウルス5世によって列福
  • 1622年3月12日 グレゴリウス15世によって列聖
  • 記念日は12月3日

【写真は、長谷川路可作ザビエルさま終焉の図=鹿児島カテドラル・ザビエル教会所蔵】

ザビエルさまの日本人評

鹿児島上陸の図

鹿児島上陸の図(長谷川路可作) 鹿児島カテドラル・ザビエル教会所蔵

「この国の人びとは今までに発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人びとは異教徒の間では見つけられないでしょう。彼らは親しみやすく、一般に善良で、悪意がありません。驚くほどに名誉心が強い人びとで、他の何ものよりも名誉を重んじます。大部分の人は貧しいのですが、武士も、そうでない人びとも、貧しいことを不名誉とは思っていません。」

聖フランシスコ・ザビエルの書簡から引用
(1549年11月15日、鹿児島からゴアのイエズス会員宛)

    お勧めの記事

    司教の手紙201903 1

    神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

    司教の手紙 2

    みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

    中野裕明司教 3

    「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

    4

    聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

    5

    序論:「八つの幸い」・「地の塩・世の光」 配布資料 第2講レジュメ

    -ザビエルさま
    -

    Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.