ザビエルさま

鹿児島とキリスト教

更新日:

ザビエル公園の碑

ザビエル公園の碑

鹿児島とキリスト教との出合いは、1547年12月、マラッカにおける鹿児島人アンジロとキリスト教宣教師フランシスコ・ザビエルとの出会いに始まる。この出会いによってアンジロは心の傷をいやされ、重荷から解放された。
2年後、2人はキリスト教布教のため相たずさえて鹿児島に上陸する。1549年8月15日のことであった。

以来、鹿児島とキリスト教との出会いは実にさまざまな仕方で繰り返されてきた。その中で、特異なのは西郷隆盛と「敬天愛人」の出会いであろう。

西郷の遺訓ともされる「敬天愛人」のルーツは中国にあった。研究者の語るところによれば、キリスト教が中国に伝えられた当寺、人々はその宗旨を「敬天愛人」に集約したと言う。(ちなみに、中国のキリスト教宣教師マテオ・リッチが北京で布教を開始したのは1601年であった。)

そして幕末、「敬天愛人」はついに西郷の耳に達し、その心を捉えた。

ここに小冊子を通して当地のカトリック教会を紹介するに当たり、神の愛と人の心の不思議を思いつつ、鹿児島の皆さんの幸せを切に祈る次第である。

(鹿児島教区長=糸永真一司教)
鹿児島教区宣教百周年記念誌「神は愛なり」(1991年刊)の序文から

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-ザビエルさま
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.