シノドス関連

鹿児島教区シノドスで103名が集い「教会の3つの柱」を分かち合う

更新日:

鹿児島教区代表者会議(教区シノドス)は10月13、14日の二日間、教区内の司祭、修道者、信徒の代表103名が集い、教区本部とザビエル教会で開かれました。

鹿児島教区初の開催となった「教区シノドス」のテーマは、『教会の3つの柱(集まり・交わり・派遣)を生きる』。

初日はザビエル教会主聖堂で開会式に続いて全体会が行われ、中野司教から「教区シノドスの意義と課題」について約40分の講話が行われました。

全体会における中野司教の講話

講話の後、以下の9つのグループに分かれて分科会。

A 聖書に親しんでいるか
B 班制度が活かされているか(教会の福音化)
C 主日のミサの充実
D 外国からの移動・移住者との連帯
E 若者と教会
F 社会との関わり(社会の福音化)
G 教区組織の充実
H 高齢社会と教会
I 家庭と教会

2日目は、初日に続いてそれぞれの分科会で分かち合いを深めた後に全体会。各分科会からの分かち合い結果報告と中野司教の講評。その後、閉会ミサで散会となりました。

教区シノドス・閉会ミサにおいての中野司教の説教

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

教区の皆さま、お元気でしょうか? 新型コロナ禍、自然災害等、心配事が多い中、希望を失わずに前進してまいりましょう。 シノドス提言の実践、今後の進め方のポイント さて、皆さまのお手元には、「教区シノドス ...

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか? 「教皇フランスコ訪日講話集」(カトリック中央協議会 2020年1月25日)のはしがきで菊地功東京大司教は次のように書いています。 「わたしたちは、薄っぺらな言葉が飛び ...

中野裕明司教の紋章 3

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

中野裕明司教の紋章 4

「見たこともないのに愛し、見なくても信じる」 「キリストを見たこともないのに愛し、今見なくても信じている」罪と死に勝利した主イエス・キリストの復活、おめでとうございます。 教区の皆さま、お元気でしょう ...

中野裕明司教の紋章 5

宣教部会は、基本的な精神として、人間に対する徹底した奉仕を目指すものと考えています。ただ、宣教という言葉は、「福音を宣べる」という意味ですが、言葉と行いで、福音を宣べ伝えることを「福音宣教」と考え、愛の実践は「福音化」という表現の内容であると理解したいのです。

-シノドス関連
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.