シノドス関連

鹿児島教区シノドスで103名が集い「教会の3つの柱」を分かち合う

更新日:

鹿児島教区代表者会議(教区シノドス)は10月13、14日の二日間、教区内の司祭、修道者、信徒の代表103名が集い、教区本部とザビエル教会で開かれました。

鹿児島教区初の開催となった「教区シノドス」のテーマは、『教会の3つの柱(集まり・交わり・派遣)を生きる』。

初日はザビエル教会主聖堂で開会式に続いて全体会が行われ、中野司教から「教区シノドスの意義と課題」について約40分の講話が行われました。

全体会における中野司教の講話

講話の後、以下の9つのグループに分かれて分科会。

A 聖書に親しんでいるか
B 班制度が活かされているか(教会の福音化)
C 主日のミサの充実
D 外国からの移動・移住者との連帯
E 若者と教会
F 社会との関わり(社会の福音化)
G 教区組織の充実
H 高齢社会と教会
I 家庭と教会

2日目は、初日に続いてそれぞれの分科会で分かち合いを深めた後に全体会。各分科会からの分かち合い結果報告と中野司教の講評。その後、閉会ミサで散会となりました。

教区シノドス・閉会ミサにおいての中野司教の説教

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

中野裕明司教の紋章 2

新型コロナ禍で、私たちは自分がいつ感染するか、あるいは、いつ他人に感染させるかという恐怖心に煽られています。目に見えないウイルスの存在を信じているからです。それなら、目に見えない神様に信頼する強い信仰が得られように祈り合おうではありませんか。

中野裕明司教の紋章 3

昨年からの新型コロナウイルス禍のせいで私たちはこれまでの生活習慣の変更を余儀なくされています。全世界の人々が、欺瞞や強欲の精神から解放され、真理であり光である神の子イエス・キリストを褒めたたえ真の平和を希求することができますように。

中野裕明司教の紋章 4

「十戒」の1~3戒は人間の神に対する務めで、5~10戒は道徳的務めです。そしてその間、4戒を見ると「父母を敬え」とあります。これは、人間の神への務めと人間間の務めの橋渡しというか、ちょうつがい的立場のような気がします。

-シノドス関連
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.