世界広報の日

更新日:

日時:
2019年5月26日 終日
2019-05-26T00:00:00+09:00
2019-05-27T00:00:00+09:00

福音宣教はわたしたちの使命です。「世界広報の日」は、この福音宣教の分野の中でもとくに新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、映画、インターネットなどの広報媒体を用いて行う宣教について、教会全体で考え、反省し、祈り、献金をささげる日です。

日本のようにマスコミや技術の進歩している国で、広報が社会や文化に及ぼす影響ははかりしれないものがあります。広報の重要性を再認識し、広報を通して社会と人々にどのようにかかわっていくことができるか、また、実際どのようにかかわっているかを考えることが大切です。

「世界広報の日」は、第二バチカン公会議で定められ、1967年以来、毎年教皇メッセージが出されています。なお、多くの国では復活節第7主日をこの日に定めています。

世界広報の日教皇メッセージ

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

カレンダー 日時: 2019年5月26日 終日 2019-05-26T00:00:00+09:00 2019-05-27T00:00:00+09:00 その他 教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は ...

中野裕明司教の紋章 3

カレンダー 日時: 2019年5月26日 終日 2019-05-26T00:00:00+09:00 2019-05-27T00:00:00+09:00 その他 教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族 ...

中野裕明司教の紋章 4

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 5

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.