講演会

更新日:

日時:
2019年9月14日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2019-09-14T14:00:00+09:00
2019-09-14T16:00:00+09:00
場所:
希望の星学園
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1490−1

~9月14日は戦後の奄美教会の夜明け~
オーバン神父の「宣教日誌」から振り返る

演 題:「宣教日誌」について

日 時:9月14日(土)14:00~16:00

場 所:希望の星学園(鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1490−1)

講 師:松田清四朗神父(コンベンツアル会・「宣教日誌」訳者)

1947年9月14日、13年間、司祭の不在だった奄美大島に上陸したカプチンフランシスコ会のレイモンド・オーバン神父は聖座とグアムの司教への報告書を書き綴った。
そこには当時の奄美大島の様子が書き記されていた。その内容について、訳者・松田清四朗神父が解説する。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 2

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 3

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナ禍で、私たちは自分がいつ感染するか、あるいは、いつ他人に感染させるかという恐怖心に煽られています。目に見えないウイルスの存在を信じているからです。それなら、目に見えない神様に信頼する強い信仰が得られように祈り合おうではありませんか。

中野裕明司教の紋章 5

昨年からの新型コロナウイルス禍のせいで私たちはこれまでの生活習慣の変更を余儀なくされています。全世界の人々が、欺瞞や強欲の精神から解放され、真理であり光である神の子イエス・キリストを褒めたたえ真の平和を希求することができますように。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.