カトリック平和旬間

更新日:

日時:
2021年8月6日 – 2021年8月15日 終日
2021-08-06T00:00:00+09:00
2021-08-16T00:00:00+09:00

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2世は広島で、「過去を振り返ることは、将来に対する責任を担うことである」と述べられました。戦争を振り返り、平和を思うとき、平和は単なる願望ではなく、具体的な行動でなければなりません。そこで日本のカトリック教会は、その翌年、もっとも身近で忘れることのできない、広島や長崎の事実を思い起こすのに適した8月6日から
15日までの10日間を「日本カトリック平和旬間」と定めました。

「平和旬間」に広島教区と長崎教区では、全国から司教をはじめとして多くの信者が集まり、「平和祈願ミサ」がささげられます。各教区でも、平和祈願ミサや平和行進、平和を主題とした映画会、講演会、研修会、平和を求める署名などが行われます。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 3

カレンダー 日時: 2021年8月6日 – 2021年8月15日 終日 2021-08-06T00:00:00+09:00 2021-08-16T00:00:00+09:00 その他 教区の皆さま、お ...

中野裕明司教の紋章 4

カレンダー 日時: 2021年8月6日 – 2021年8月15日 終日 2021-08-06T00:00:00+09:00 2021-08-16T00:00:00+09:00 その他 教区の皆さまお元 ...

中野裕明司教の紋章 5

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.