司教の文書

2020年7月九州豪雨災害への鹿児島教区対応について

投稿日:

ご承知のとおり、この度の九州豪雨で熊本県の人吉、人代、水俣地域の人々は大被害を受けておられます。この3地域の教会そのものは深刻な被害はないものの、人吉教会の信徒の中には家を流され避難所を頼っておられる方もいるそうです。

鹿児島教区としては、別紙の通り封応していくこととしましたので、みなさまのご協力をお願いします。

文書のダウンロードはこちらから

【文書のプレビュー画面】

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は私たちの信仰について、現状を考察し、未来に向けた方向性を分かち合いたいと思います。基礎になるのはもちろんイエスの言葉です。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである」(マタイ5・17)

中野裕明司教の紋章 2

教皇が取り上げているこの「地球環境保護」というテーマは、単に、物理的な地球の生態系の変化のことを指しているのではなく、それは人間性の破壊に及ぶものであり、したがって、私たちの行動原理にまで、反省を促すものであります。

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか? 新型コロナ禍、自然災害等、心配事が多い中、希望を失わずに前進してまいりましょう。 シノドス提言の実践、今後の進め方のポイント さて、皆さまのお手元には、「教区シノドス ...

中野裕明司教の紋章 4

教区の皆さま、お元気でしょうか? 「教皇フランスコ訪日講話集」(カトリック中央協議会 2020年1月25日)のはしがきで菊地功東京大司教は次のように書いています。 「わたしたちは、薄っぺらな言葉が飛び ...

中野裕明司教の紋章 5

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

-司教の文書

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.