お知らせ

教区代表者会議(シノドス)、テーマについてのアンケート結果

更新日:

シノドスアンケート結果

教区シノドステーマについてのアンケート結果

10月13,14日に行われる教区代表者会議(教区シノドス)に先立って、同テーマについてのアンケートが8月から9月にかけて行われてきましたが、その集計がこのほどまとまり公表されました。

公表された集計結果は、教会の3つの柱ごとに設定された質問への回答を小教区、修道会、活動団体ごとに集計したうえで、3者比較がしやすいように、同心円グラフで視覚化されています。3重の円グラフは、外側から小教区、修道会、活動団体の順になっています。

アンケート結果のプレビュー画面

ファイルのダウンロードはこちらから【PDF980Kb】

 

8月から9月にかけて行われたアンケートの設問を以下に紹介します。

教区代表者会議のテーマについてのアンケート

Ⅰ 第1の柱:「集まり」について

  1. あなたは、教会に集まりますが、何のために集まりますか?(複数回答可)
  2. あなたにとって教会は、どんなところですか?(複数回答可)
  3. 初めて教会に来たきっかけは何ですか?
  4. 洗礼を受けてから、しばらくすると、教会をご無沙汰する人が多いですが、それは  どうしてだと思いますか?(複数回答可)
  5. 主日のミサへの参加は信者の務めになっていますが、そのことを知っていましたか?
  6. 知っていると答えた人にお尋ねします。主日のミサに参加できない場合の理由は何ですか?(複数回答可)
  7. 月曜日から土曜日までの間、信仰を維持するためにどんなことをしていますか?(複数回答可)

Ⅱ 第2の柱:「交わり」について

  1. ミサ(聖体祭儀)は「教会生活の源泉であり、頂点である」という典礼憲章の言葉を知っていましたか?
  2. あなたは、あなたの与かるミサに何を求めますか?(複数回答可)
  3. あなたは、ミサに与かるときに何かの意向をもって与かりますか?
  4. あなたは、ミサにあずかるときに典礼暦年(待降節、四旬節、復活節など)を意識して与かりますか?
  5. あなたは、典礼奉仕者(侍者、朗読奉仕者、聖歌隊、先唱など)の役を喜んで引き受けますか?
  6. あなたは、主日のミサでご聖体を拝領できればそれで十分で、教会の様々な活動には参加したくないタイプですか?
  7. 現在、教会では、赦しの秘跡は待降節と四旬節に共同回心式という形で行っていますが、赦しの秘跡は、実はいつでもどこでも受けられるということを知っていましたか?
  8. 現在の教会は、私たちの信仰は、「み言葉(聖書)」と「聖体」によって養われると教えていますが、そのことを知っていましたか?

Ⅲ 第3の柱:「派遣される」について

  1. 聖書の中では、神が人を召し出すときはたいてい「その人を派遣するため」であることがわかります。そこでお尋ねします。あなたは、洗礼を受けてから、神から何らかの使命を受けたと感じたことがありますか?
  2. ミサの終わりに、司祭が「感謝の祭儀を終わります。行きましょう。主の平和のうちに!」と唱えるのを聞いて、何を感じますか?
  3. 「教会」と「社会」の遊離、「信仰」と「生活」の遊離が指摘されてから30年以上経ちましたが、あなたは、そのことを今でも感じていますか?
  4. 第2バチカン公会議は、現代世界憲章を発布して、教会が現代人の直面しているすべての問題に寄り添う姿勢を打ち出しました。バチカンは実際にそのように動いていますが、あなたの教会ではそんな動きを感じていますか?
  5. イエスの発するメッセージは福音と言われますが、現在の日本人にとって真の意味で福音になっていると思いますか?
  6. 「神なしでも、お金さえあれば世界は回る」と多くの人々が考えている中で、「神とマンモンに兼ね仕えることはできない」と二者選択を迫るイエスに対して、あなたはどう答えますか?
  7. 教会は政教分離の原則を遵守しながら、この世の福音化をパン種となって推進すべきでしょうか?

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

皆様お元気でしょうか? 今回は、教会の3つの柱の3本目である「派遣」について考えてみます。 派遣は誰から、誰に向かって、どのような方法で? ミサの最後に「感謝の祭儀を終わります。行きましょう、主の平和 ...

中野裕明司教の紋章 2

みなさん、お元気ですか? 今回は、教区代表者会議のテーマである「教会の3つの柱」のうち第2番目の柱についてお話しします。第2番目の柱のキーワード(鍵となる言葉)は「交わりと一致」です。 「人と人」、「 ...

中野裕明司教の紋章 3

教区代表者会議のテーマである「教会の3つの柱」のうち第1番目の柱についてお話しします。第1番目の柱は「集まる」(エクレシア)です。私たちは自分の意志で教会に集まっていると思っているかもしれませんが、実は、神の招きに応えた結果であることを思い起こしたいと思います。

中野裕明司教の紋章 4

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる 皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。 神父様 ...

中野裕明司教の紋章 5

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

中野裕明司教の紋章 6

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

中野裕明司教の紋章 7

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

中野裕明司教の紋章 8

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

-お知らせ

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.