門田明氏の鹿児島とキリスト教

東市来のザビエル像

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教㉒

新聞記事などお読みになってご存知の方も多いと思うが、元鹿児島大学学長を務められた石田兼文先生のご尽力で4月27日、東市来の鶴丸城跡に鹿大池川直先生がお作りになったザビエル像が建立され、除幕の記念式が行われた。300人余の人々が出席し、各界を代表する方々が次々賛辞を述べられた。

フランシスコ・ザビエルは1549年8月15日に鹿児島に上陸しキリスト教を伝えたが、9月にこの東市来を訪れ、15人に洗礼を授けたといわれている。

河野純徳著『聖フランシスコ・ザビエル全生涯』によると「鹿児島で天竺渡来の僧が説教していると伝え聞いて、市来城の家老も鹿児島へザビエルの説教を聴聞しに出かけた。この家老のとりなしで、ザビエルはアンジロウを伴い、鹿児島から6レグア(34キロ)の市来城を訪れた。ザビエルは城主新納康久より歓待され、家老の家に泊まって、城主の奥方や子供たち、家老とその家族、城内の召使など15人に洗礼を授けた。家老にはミゲルの霊名を与えた。・・・ザビエルは此処に数日間泊まり鹿児島へ帰った。」

その後彼は鹿児島をたち、平戸を経て京に上っている。京都から全国にむけ宣教するつもりであったが、思うに任せず、1551年11月、日本を離れた。

さて、これまでザビエル渡来からラゲ神父のザビエル聖堂建設まで、鹿児島にキリストを運んできた宣教師たちについて、池田敏雄『人物中心の日本のカトリック史』を参考に20回余にわたり勉強してきたが、一応今回をもって終了したいと思っている。ただこの勉強を通じて鹿児島カトリック教会史に対する興味が大きく膨らみ、本格的に調べてゆきたいと思っている。もしお仲間ができれば、研究会、読書会などできればなとも思っている。興味ある方はお声をかけていただければ幸いです。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2008年6月号から転載

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 2

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 3

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナ禍で、私たちは自分がいつ感染するか、あるいは、いつ他人に感染させるかという恐怖心に煽られています。目に見えないウイルスの存在を信じているからです。それなら、目に見えない神様に信頼する強い信仰が得られように祈り合おうではありませんか。

中野裕明司教の紋章 5

昨年からの新型コロナウイルス禍のせいで私たちはこれまでの生活習慣の変更を余儀なくされています。全世界の人々が、欺瞞や強欲の精神から解放され、真理であり光である神の子イエス・キリストを褒めたたえ真の平和を希求することができますように。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.