門田明氏の鹿児島とキリスト教

日本へ日本へ

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教⑧

先号では、ザビエルがひたすら日本に心をひかれ、「大暴風、たくさんの浅瀬、無数の海賊の危険があり、とくに暴風雨のために三隻のうち二隻が到着すれば、大成功とされている」大変な航海に乗り出そうと決心したことを紹介した。

その同じ手紙で、出発の日取りを「1549年の洗礼者聖ヨハネの祝日(6月24日)の昼か夕方に、出航する予定です」といっている。その予定のとおり、この6月24日の午後、アパンというシナ商人の船でマラッカを出航したのである。この予定と実行の状況から、私は、ザビエルが宗教だけでなく実務能力にも優れた人物であったという印象を受ける。

さて、日本への航海は実に危険なものであった。少し長いが書簡をそのまま引用したい。

マラッカを出たザビエルの船は「ゆるやかな船足でシナに向かい、コーチシナの海岸に沿ってゆっくり航海していました。シナのすぐ近くまで来た時、聖マリア・マグダレナの祝日(7月21日)の夕暮れ、一日のうちに二つの惨事が起こりました。波が高くなり、しけ模様となってきましたので船を停泊させていました。その時どうしたわけか船のハッチが聞いたままになっていて、私たちの仲間、シナ人のマヌエルがそこを通った時、大波で船が大きく揺れたため、立っていられなくなってハッチの中に落ちてしまったのです。」

ひどい落ち方で重傷を負うが、マヌエルは健康を回復したようである。この箇所、直訳では「船のポンプが開けたままで」と書かれていると河野訳は注記している。山田尚二『キリスト教伝来と鹿児島』(95頁)でも、「木造船のアカ取りのための細いポンプ穴だろう」と説明し、ハッチのかわりにすべて「ポンプ穴」としている。

いまひとつの悲劇は、船が大揺れに揺れたために船長の娘が海に落ち、人々の目の前で溺死したことである。なんとも悲痛な航海であった。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2006年12月号から転載

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 4

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 5

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.