教区報(月刊紙)

【2020年9月号】鹿児島カトリック教区報

更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】「すべてのいのちを守るための月間」について「司教の手紙」---中野裕明司教
【2面トップ】差別主義と平等主義(6)---紫原教会主任司祭・山口好信神父
【3面トップ】今後の運営のあり方を模索---鹿児島きぼうの電話が総会で分かち合い
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む①---教区シノドス推進会事務局・長野宏樹

2020年9月号のダウンロードはこちらから(828Kb)

紙面のプレビュー画面

中野裕明司教の紋章
司教の手紙⑳「すべてのいのちを守るための月間」について

教皇が取り上げているこの「地球環境保護」というテーマは、単に、物理的な地球の生態系の変化のことを指しているのではなく、それは人間性の破壊に及ぶものであり、したがって、私たちの行動原理にまで、反省を促すものであります。

続きを見る

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章 4

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 5

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.