司教執務室だより

無限の可能性に賭ける

更新日:

yuhi無限の可能性。手元に届いた「心のともしび」7月号のテーマ。若い人を励ますときの言葉としてよく使われるようだが、自分に聞き覚えはない。ただ「21歳か、前途洋々だね」という年配の司祭の励ますような優しい言葉の響きが印象に残っている。神学校入学の夏休みの時のことだ。

「無限の可能性」と聞いて脈絡なしに51年も昔のことが思い起こされた。そして、何故かふと、「マリア様はお告げのとき無限の可能性に賭けた」と思った。確かにそうだ。何故なら、神様の計らいこそが「無限」を見据えたものだからだ。マリア様は、天使の不思議な言葉の中に、瞬時にして神様の無限の計らいを感じ取られたという意味で「恵まれた方」だった。

ところで、先月のカトリック北薩大会のテーマは「寄り添う」。今年の年頭の挨拶で教区報に書いたことをもう一度聞きたいということのようだった。嬉しかった。皆さんが私に寄り添ってくれたと感じたからだ。

「寄」という漢字は「人に付託する」という意味だという。つまり、人に任せる。そう知って、私の中で連想の歯車が回り始めた。

イエス様は、生まれたばかりの教会の将来を頼りない12人に任せた。そんな弟子たちに寄り添われたのだから、今も私たちに寄り添っておられる。さらに、「私が来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである」(マタイ5・17〜19)。不完全で重荷でさえある律法であっても廃棄の対象にしない。これも寄り添う姿。

要するに、イエス様も、不足だらけの弟子たちや律法に、いわば無限の可能性を感じておられたと言える。その直系がマリア様。二人して今もこの教会に、この私に、この現実に変わらぬ思いで寄り添ってくださっておられる。無限の可能性を信じながら。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 2

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章 3

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章 4

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 5

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.