司教執務室だより

教皇「どこででも、だれもがオアシスを見いだすことができる」

更新日:

いつくしみの特別聖年

いつくしみの特別聖年のための祈り

いつくしみの特別聖年のための祈り

先月の日韓司教交流会で宿泊したホテルの入り口にはもうクリスマスの飾りつけがしてあって驚きました。11月半ばだというのに、気の早い世の人々に感心したものです。もちろん、ホテルの人と私たちのクリスマスに対する思いは異質のものです。

つまり、ご降誕のミサにあずかってはじめてクリスマスをお祝いすることになるという点で異質です。そして、待降節を特別な思いで過ごし、降誕祭後もその余韻に浸りながら降誕節を過ごす点でも、クリスマスセールに浮かれ、年末商戦にまい進する世の人々とは明らかに違います。

何よりも、今年の待降節は私たちにとって特別のものです。12月8日(火)をもって「いつくしみの特別聖年」が始まるからです。いつもとは違う質の待降節にすることが求められています。違う質にするというのは、もちろん待降節の意味や質が変わるわけではありません。

わたしたちの信仰者としての生き方の質を変える必要があるのです。つまり、もっと真剣に福音の心を生きようとしなければならないのです。教皇が言われるように、「キリスト者がいるところはどこででも、だれもが、いつくしみのオアシスを見いだすことができる」(大勅書・12)ような生き方が求められています。教皇はまた、「裁かないこと、罪に定めないこと」(同上・14)と諭され、「ねたみやそねみ…兄弟の悪口」(同上)に気を付けるだけでなく「赦しの道具となりなさい」(同上)とすすめておられます。

細かなことは述べることができませんが、待降節の間、大勅書をみんなで読みながら「身体的な慈善」と「精神的な慈善」(同上・15)についても何ができるか考えていただきたいと思います。

こうして、神様のいつくしみの心に倣うという一点に気持ちを向けることでこれまでとは違う質の待降節になるはずです。

ちなみに、聖年のモットーは「御父のようにいつくしみ深く」となっています。

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.