司教執務室だより

夢は「ほのぼの家族」の展開

更新日:

昨年十二月、神学生対象にMEの紹介をさせてもらった時のことだ。神学生と言っても、大学を出たばかりの哲学生から五十代の助祭まで年齢の違いは大きい。

二日目、ミサ後の朝食、向かいに座ったのは、まさにそんな組み合わせの哲学生と助祭。二人の会話の内容は記憶にないが、哲学生は話が好きな末っ子で、隣の助祭は寡黙な長男。大家族を描いた映画のワンシーンを思わせるようなほのぼのとした光景に心が和んだ。いつも生活を共にしている神学生や養成者たちには見慣れた光景だったかもしれないが、初めての私にはとても印象深く新鮮だった。

悪気のないおしゃべりが奔放に飛び交い、うるさがる者もなく、アットホームで静かな空気が流れ、穏やかに一日が始まる。少し大げさだが、「あ、ここに神の国がある」と素直に思えた。ホンのひと時を共にしただけの感想だが、初めて訪ねる者にとっては第一印象が大きな意味を持つ。

ところで、アットホームと言えば、新年の年頭書簡は祈りの雰囲気に満ちた家庭づくりへの招きだったのだが、何人かの方から肯定的な感想をいただいて嬉しかった。家庭にしろ、小教区にしろ、私たちはイエス様の名のもとに集められた神さまの家族だから、たとえ、家族で一人だけが信者だとしても、目指すべきはあのほのぼのとした家族の風景に違いない。「あ、ここに神の国がある。」そんな感想を自分の家庭や小教区に持つことができたらと思う。

確かに、ため息をつきたくなるような現実の方が多いかもしれないが、そうであればなおのこと、信仰の眼をいっぱいに開いて、我が家の神の国、我が小教区の神の国を探そうとすることが大切ではないかと思う。

訪ねてくる人をいつでも和ますことのできる神様の『ほのぼの家族』が教区中に広がりますように。遅すぎた初夢?

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 2

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章 3

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章 4

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 5

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

-司教執務室だより
-, ,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.