司教執務室だより

マリア様のデビュー

投稿日:

聖家族クリスマスと言えば馬小屋。主人公はもちろん飼い葉桶の幼子イエス様。みことばが人となられた姿。傍らのマリア様とヨセフ様はあくまでわき役。

しかし、マリア様もみことばが人となられた方、と言えば思わず「えっ!」と驚いてしまうが、最近読んだ本(注)には次のようにある。「聖母は永遠の思惟(しい)であるお方によって観想され、またご満足なさったことにおいて、キリストに次ぐお方である。…」(59頁)。

思惟という言葉は難しいが「思い」と言っていい。聖書でことばは音になった言葉というよりも思い。思いだから、思い描くことになる。神様が思い描かれたもっとも完全な方として御子がいて、その次に完全なお方としてマリア様がおられる、ということになるわけで、それは永
遠の昔からあった神様のイメージ。

だから、罪とも縁のない無原罪の御やどりということになる。だから、マリア様は単なるわき役ではない。本当のわき役はヨセフ様。

つまり、マリア様は永遠の昔から御子とともに御父のもとにおられたわけで、救いの福音を世に知らせるためイエス様より一足早く地上に来られて救い主の母となられた。こうして、マリア様も幼子の誕生と共に世に現れた。だからクリスマスは、救い主の誕生日であると同時に
マリア様が救い主の母としてデビューを果たされた日で、マリア様のもう一つの誕生日。これがクリスマスの十全な意味。

だから、クリスマスは二つの誕生日を祝うときと言える。そして、クリスマスの数日後にはヨセフ様も含めた聖家族が祝われる。

で、少し早いが、メリークリスマス!

㊟「聖母マリア―マリア・ヴァルトルタによるマドンナの生涯」G・M・ロスキーニ著、天使館

お勧めの記事

司教の手紙201903 1

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 2

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 3

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

4

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

5

序論:「八つの幸い」・「地の塩・世の光」 配布資料 第2講レジュメ

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.