司教執務室だより

アジアンユースデー

投稿日:

8月と言えば、15日の聖母被昇天にザビエル祭。今年はもう一つある。AYD。つまり、アジアンユースデー。中央協議会のホームページには次のようになっている。

ayd「AYDはアジア28カ国のカトリック教会青年代表者が集い、ホスト国の文化・社会と教会の福音的な取り組みに触れながら、典礼、体験学習、ホームステイ、文化交流、自国紹介など、8日間共に祈り、共に学び合いながら、信仰を生きるアジアの仲間と出会い、アジアの青年の連帯と信仰を深めるアジアの青年大会です。」

テーマ「アジアの若者よ。目覚めよ!殉教者の栄光があたなに輝く」を次の3点から深めていくことになっている。

  • 信仰の原点を思い出すこと。
  • 信仰を再発見すること。
  • 現代社会の証し人として、イエスと共に歩むこと。
    (いずれも募集チラシより)

今年の開催地は韓国・テジョン。日本からの参加者は100人。当初は参加者確保が危ぶまれたが、教皇が来られると分かったらあっという間に埋まった。日本の若者たちにとっても教皇がもっとも会いたい人の一人らしいと分かって心が和んだ。

そんな若者たちが、昨年のワールドユースデーのときと同じように、信仰を再発見する巡礼となることを祈りたい。政治的問題があるとしても、それだからこそ、同じ「信仰を生きるアジアの仲間」として「ともに祈り」、「連帯と信仰を深める」機会にして欲しいと思う。お互い英語でのやり取りになると思われるが、「現代社会の証し人として、イエスと共に歩むこと」ができる出会いの場となることを心から祈りたい。

ちなみに、鹿児島からの参加者は私を含めて若者2人に司祭1人の4人。沢山のお祈りをお願いしたい。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる 皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。 神父様 ...

中野裕明司教の紋章 2

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

中野裕明司教の紋章 3

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

中野裕明司教の紋章 4

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

中野裕明司教の紋章 5

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

中野裕明司教の紋章 6

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 7

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.