司教執務室だより

長い間のご愛読、有難うございました!

投稿日:

ロザリオ

8日の司教叙階式が待ち遠しいが・・・

10月と言えば、ロザリオの月ということになっているが、今のボクには8日の叙階式が待ち遠しい。それでも、最後となる今月号では、やはりロザリオのことを書いてみたい。

30数年も前のことになるが、今は亡きコンベンツアル会の坂谷神父さんにもらったロザリオは七連もある長いもの。マリア様の七つの悲しみに由来するものとは聞いていたが、どんなふうに祈るのかは教えてもらえないまま今日に至っていた。

8月の引っ越しで手がかりが見つかった

しかし、8月の引っ越しの際、本棚を整理していると真新しい冊子が出てきた。ドン・ボスコ社から出されたもので「聖母マリア」ー七つの悲しみの道行き・七つの悲しみのロザリオ、とあったのでビックリ。しかも、表紙の写真はあのシドッチ神父さんが持ってきた親指の聖母。早速開いてみると、七つの悲しみと祈り方が紹介されていたので皆さんに紹介したい。

唱え方は手元のロザリオと同じでも、七つの悲しみに対応して珠は七つしかなく、十字架部分はマリア様のおメダイ。専用のロザリオがあるらしいと分かった。

聖母の「七つの悲しみ」とロザリオ

聖母の七つの悲しみとは、第一、神殿でのシメオンの預言(ルカ2・34)による悲しみ。第二、エジプトへの逃避行(マタイ2・13)。第三、御子を見失う(ルカ2・42~46)。第四、カルワリオの途上で御子に会う(ルカ23・27~29参照)。第五、十字架のもとにたたずむ(ヨハネ19・25)。第六、御子の亡骸を抱く(ヨハネ19・40参照)。第七、御子が墓に葬られる(ヨハネ19・42参照)。各連ごとに短いお祈りがつくが割愛したい。

実際にやってみると、マリア様と一緒に十字架の道行きをすることになるので、ロザリオの月よりもむしろ四旬節にふさわしいように思った。しかし、マリア様は母として私たちの悲しみや苦しみにも寄り添ってくださるので、今月は、とくに「喜びの神秘」の月曜日には七つの悲しみのロザリオをささげることをお勧めしたい。

因みに、2003年版の冊子は200円+税。ドン・ボスコ社に問い合わせるとロザリオも手に入るかもしれない。

長い間のご愛読ありがとうございました。

※写真のロザリオは本文とは無関係のものです。(Web担当者)

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 2

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章 3

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章 4

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 5

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.