門田明氏の鹿児島とキリスト教

山口人マテオ、鹿児島人ベルナルドとザビエル

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教⑭

1551年11月15日、ザビエルは日本を去った。
4月末、京から山口に着きしばらくそこにいたが、9月中旬、豊後領主大友義鎮の招きで府内に行き、ポルトガル船の船長ドゥアルテ・デ・ガマの歓迎を受けた。しかしマラッカからの便りもなく、インドの留守中の状況も心配であり、ひとまずゴアに帰ることにした。

ガマの船に乗り、豊後沖の浜を出帆、その後船を乗り継ぎ、翌年2月ゴアに帰り着いた。このとき、2人の日本人、山口のマテオと鹿児島のベルナルドが同行した。ヨーロッパに留学させるつもりであった。

1552年4月8日付け、ポルトガルのシモン・ロドリゲス神父宛の手紙に次のように紹介している。
「そちらへマテオとベルナルドが行きます。彼らは生粋の日本人で、ポルトガルやローマへ行ってキリスト教世界を見て帰国し、見聞したことを日本人に証言したいと願って、私とともに日本からインドへ渡航しました。親愛なる兄弟シモン神父よ、主なる神への愛と奉仕のために、彼らをよく世話して、満足して帰るようにしていただきたいとお願いいたします。なぜなら、彼ら自身の口から証言を聞けば、日本人はきっと私たちを大いに信用することになるでしょう。」

残念なことにマテオはゴアの酷暑に耐え切れずすぐに他界してしまった。残されたベルナルド一人が、1553年9月リスボンに到着した。しかし、苦労を重ねた長旅のあとで疲れ果てていたようである。

1554年5月8日にリスボンの聖アントニオ学院からある人が出した手紙に、「ベルナルドは自分を鍛えようと決心して日本から来た立派な人です。しかし長い航海だったので、弱っていて元気がありません。それでも元気になれば、どんなにも勉強できるのだから、まず体をつくることだと励ましてやりました」とある。

次回はベルナルドについてもう少し詳しく話したい。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2007年7月号から転載

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.